美女道場 なりたいカラダになる方法

セルフダーマローラーやトレチノインでのアンチエイジング、肌再生医療で若返り大作戦などビューティマニュアル大公開中

今までの記事の無駄(話)を省いて要点だけまとめました。
永久保存版(のつもり)!美女道子監修「美容百科」
美容百科へ

ホウレイ線への培養ヒフ治療の全ての記録を公開中です。
たった半年でこんなに効果が出ました。
詳細をもっと見る

美容外科の美肌メニューを自分で行うセルフダーマローラー特集です。
ダーマローラーの選び方、準備するものなどまとめました。 セルフダーマローラー特集へ

無人島にひとつだけ持っていくことがとしたら迷わず選ぶれんげ化粧水。
れんげ化粧水記事一覧へ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


美女道場カテゴリー

プロフィール

美女道子

Author:美女道子
アラフォー突入の医療美容マニア。

肌再生医療で法令線を消し去りました。

節約美容につき、できることはなんでも自分でやるのがモットー。

まつ毛を長くする方法

ラティース同成分・同メーカーのルミガンなら3分の1以下の価格で長いまつげが手に入る。

一番人気の記事は?

愛用中の個人輸入

最新記事

家庭用脱毛器で有名どころのトリアケノン

どっちか欲しいんだけどどっちを買うべきか迷ってます。
レーザー脱毛かフラッシュ脱毛か、美顔機能の効果はどうか、脱毛効果、特にVIOの粘膜部分に対してはどうか、など口コミなどを読みあさって研究中。

読者様かもら参考になるコメントを次々と頂いております。

私はトリア推しです!
ケノンはカードリッジが必要なので追加費用が勿体ないですし。
トリアはいちいち充電するのは面倒ですけど確実に毛が無くなったのでオススメです。
粘膜への照射はしない方が良いですけどね(*_*)



今のところ、気持はトリアにかたむき中なのです。

なぜならば、脱毛効果と美顔効果を期待していたケノンの美顔機能が微妙・・・・って感じなので。

脱毛効果もそれほど強くなく、美顔効果も微妙ならば、せめて脱毛効果だけはより高い方を選びたい。

確かにトリアはレーザーなので脱毛効果は光脱毛のケノンよりも優れていると言われています。

ただ、問題なのは痛いのと、照射範囲が狭いのでムラになるし時間がかかるという点。

でも、私の場合は膝下も膝上も脚は照射し忘れられたちょい残しの毛以外は脱毛は終わっているので、照射範囲で一番苦労しそうな脚への脱毛はピンポイントのみでOK。

脇も脚と同じように忘れたころに生えてくるちょっとした毛を処理できればいい。

VIOも照射範囲は狭いほうがピンポイントでやりやすいのでは?とか思ってみたり。

どうしても痛くて我慢できない時は塗る麻酔を塗ると言う手もあるみたいだし。

VIはクリニックで医療脱毛も2回経験しているの広範囲で毛はあまり生えておらず、こちらもピンポイントで自分が気になる部分だけできればいいような感じ。

問題は腕かな。
腕は今まで一度も脱毛したことが無いのでトリアだと時間がかかるかも。

かといって、そんなに剛毛でもないので気にもしていないから絶対脱毛したい個所ではないけど家庭用脱毛器を買ったら当然腕も脱毛したい。

指毛もやりたい。
指にも目立たないけど毛は生えてるし、毛穴も見える。
指毛の脱毛ができたら毛穴も小さくなるし、指が綺麗に見えるはず。

となると、私の場合は狭い範囲の脱毛がメインになりそうなので、トリアのほうがいいのかも・・・?と思ってみたり。

ちなみに、トリアで顔やったらどうなるんだろう?

シミとかにも反応するのかな?

トリアで使用されているダイオードレーザーは黒い色素(メラニン)のみに反応する波長のレーザーだよね?

ということはシミやホクロもトリアの脱毛器で対応できないのかな?

美容外科などではほくろの除去にもダイオードレーザー使っている所があるみたいだし。

顔はちょっと怖いけど、体にあるホクロやシミなどには試してみたい気も。

お値段的にもトリアの方が安いんだよね。

次回は値段について比較検証してみます。
かなり主張したランキングバナー・・・
そんなにクリックして欲しいのか。。。
ええ。そうなんです。
お願い!クリックしてちょんまげ。未熟なアルパカ野郎に強めのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ 美白・美肌ブログのランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最近無性に欲しいもの。。。

家庭用脱毛器。

前回のブログで実際に使っている方のコメントやアドバイスを求めたところ、なんと、早速家庭用脱毛器を実際に購入して使っている読者様よりコメントを頂きました♪

私が使っていた脱毛器はケノンの旧モデルであるイーモリジュと言うものなので参考になるか疑わしいですが泣)
私も美女道子さまと同じくレーザー脱毛をクリニックでやってもらい5年ほどすぎましたが、ちょい残しのチョロ毛がスッゴく気になっていたので手軽に好きな時間でできる家庭用を購入しました。
私はトリアのレーザーの種類がダイオードレーザーと言うことを知らず、「○天ランキング1位」の広告につられてイーモリジュを買ったのですが、脱毛効果はある程度期待できると思います。
この種類の機械ですとやはり薄くなるだけで、完全になくなるまではかなり時間がかかると思います。
それとある程度薄くなった毛には反応しないのでツルツルとまではいかないのでは?と感じました。
あと、このケースは道子さまは問題ないと思いますが、照射範囲が思ってる以上に少ないので広範囲に当てられる場合は時間がかかって腕が疲れると思います。

次に美顔器としての機能ですが、イーモリジュの場合ですと、まっったく効果 ありません。
美顔器用のヘッドに換えるのですが、パワーが弱すぎてシミ、シワ、きめ、一切変化なしです。
なので今美顔ヘッドはまったく使っていません。

もしかしたらケノンだとパワーも違っているかもしれませんが、私の考えだと、家庭用レーザー器の規制?レベルはそんなに急激に変わることはないのではないかと思います。



大変参考になるコメントありがとうございます!

お持ちの脱毛器はケノンの旧モデルであるイーモリジュというものだそうで、いただいたコメントを基にまずは、イーモリジュからケノンへとどの程度進化したのか比較してみました。

問題点①照射範囲が狭い

イーモリジュの照射範囲は1.5×2.9cm。

これは、案外大きい。

これがケノンでは2.0×3.5cmと照射面積がさらに大きく進化。
なので、照射範囲があまり広くない・・・というのはイーモリジュよりも使い勝手が良くなっている模様。

ちなみに、トリアのレーザー式脱毛での照射範囲は直径1センチの丸型で、かなり小さいです。

照射範囲の広さではケノンが優秀。

問題点②ある程度薄くなった毛には反応しない

家庭用脱毛器のみならず、エステでの光脱毛も産毛には反応しないことが多いですよね。
私はフォトRF(オーロラ)で顔の産毛は顔そりしなくても済むくらいまで薄く、本当に産毛だけの状態になったので、産毛は別に生えててもいいとは思うんですけどね。
とにかく、黒い毛が生えてなければ満足。

イーモリジュとケノン、ケノンが進化していても光脱毛という点ではどちらにしても薄くなった毛には反応しないと言うのは同じでしょうね。

レーザーのトリアの場合、医療レーザーと同じダイオードレーザーとはいえ、家庭用なので出力は弱めでこちらも永久脱毛は無理なんだって。

ただ、毛へのダメージ力はケノンよりも強いのである程度薄くなった毛にも反応はするらしい。

そして今回の購入するかしないかを大きく左右する美顔機能について。

問題点その③美顔機能は全く効果なし

これは・・・・

これは購買意欲をかなり低下させるご意見ですよ。。。

イーモリジュからケノンになって、美顔機能も進化しているに違いないと調べたところ、照射のパワーはケノンもイーモリジュと同じらしい。

でもカートリッジ照射回数が2倍の40000発に増え、美顔はイーモリジュでは最大8連射だったのに最大10連射になったんだって。

ところで、連射することでどんな効果があるんだろう?

色々とネットに書かれている情報を自分なりに整理してみたところ、1発の照射も10連射も強さは変わらないらしい。

つまり、レベル1で照射の強さが10だとした場合、単発で1回照射すれば10の強さ(=痛み、肌への負担)が一度に起こるのに対して、10連射した場合は1の強さが10回連続行われる、ということになるらしい。
よって、連射であろうとなかろうと効果は同じ。
ただ、痛みが分割されるとかそうゆうことらしいです。

で、あるならば、イーモリジュで美顔効果は感じられなかったというご意見からいくと、ケノンであっても美顔効果は期待できないのかな?と思ってみたり・・・

気持ちはトリアへかたむき中。

かなり主張したランキングバナー・・・
そんなにクリックして欲しいのか。。。
ええ。そうなんです。
お願い!クリックしてちょんまげ。未熟なアルパカ野郎に強めのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ 美白・美肌ブログのランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
最近むしょーに欲しいものが。

家庭用の脱毛器。

今、医療レーザーでのVIO脱毛に通っているのだけど、Iラインの脱毛に満足できず。

2回目が終了して、レーザー照射したところはほぼ毛が無くなった。

さすが医療脱毛は効果が早い。

でも、脱毛する範囲がどうも微妙で・・・

エステでも医療レーザーでも同じだけど、脱毛する時は誰かにやってもらいますよね?

その時、隙間なくもれなくやってくれているのではないかとは思うのだけど、後々になって直径2センチくらいの”照射もれ”が発覚したりするじゃん?

それが初期のうちはいいんだけど、回数を重ねてほぼ毛が生えなくなった時に見つかると、その部分だけのために1回分の料金払うものなんだかなぁ、、、みたいなことって皆様経験あるのでは?

で、この程度なら自己処理でもいいかぁとポツポツと数本、時にはある範囲のみ毛が生えてくるのをその都度毛抜きで抜く、みたいな。

それもだんだん面倒になってきたことと、特にIラインに関してはクリニックで照射できない部分にも毛は生えているわけで、せっかく脱毛したのになんかちょっと変なんです。

Iラインの脱毛経験ある方はわかると思うけど、粘膜といわれる部分(つまりIラインの内側)はレーザー照射できませんと言われます。
でも、むしろ無くしたい毛はその粘膜の部分だったりするわけなのよ。

粘膜部分もレーザー照射してくれるところもあるかもしれないけど、できればエステではなく医療レーザーがいい。

エステでのレーザーやるなら、自宅で自分でやったほうがいいのでは?と思ったわけです。

そんなわけでなぜか急に興味がでてきた自宅用の脱毛器。

有名どころはこの2つみたいね。

トリア


ケノン


二つともカタカナ3文字。

①のトリアは家庭用のレーザー脱毛器であるのに対し、②のケノンは家庭用のフラッシュ脱毛器。

レーザーとフラッシュ。

どう違うのか調べてみました。

まず、①のトリアはダイオードレーザーというレーザ―を使用しているらしい。

ダイオードレーザーといえば、医療脱毛に使われるレーザーもダイオードレーザーが多いです。

黒い色素(メラニン)に吸収するレーザー光なので、表皮や周辺組織にダメージを与えることなく毛根のみを破壊できる。
トリアは家庭用なのでクリニックで行う医療レーザーと比べると照射力は弱いかもだけど、永久脱毛が可能なレーザーの種類です。産毛にも照射出来るのも特徴。

一方、②のケノンはフラッシュ脱毛で、IPL(インテンス・パルス・ライト)の光によって毛根のメラニンに働きかけ、毛の再生力を弱らせる脱毛法のこと。エステで行っている光脱毛といわれるものはほぼフラッシュ脱毛だと思われます。

医療レーザーで使用するダイオードレーザーと違うのは永久脱毛ではないということ。

ダイオードレーザーは毛根を破壊するのでもう毛は生えてこないけど、フラッシュ脱毛は毛の再生力を弱らせるので最終的にはうぶ毛のような毛が生えてはいても完全に”毛がない"状態にはならないみたい。

私は医療レーザーしかやったことないので光脱毛だと数年間経って一度完了した個所がどんなふうになるのかわかrないけど、産毛っぽいけなら生えてても問題ないように思うけど、どうなんだろうね?

YouTubeで検索してみると、男性が髭にレーザーのトリアを照射して、1発あてては弾かれたように体を弾ませて痛がっているのが笑えます。

たしかに、口ひげにオーロラの美肌レーザーがあたった時も体がびくうってなったもんね。

男性は相当痛いんだろうね。

脱毛という効果だけで見ると、レーザーの力は弱いにしろ、医療レーザーと同じダイオードレーザーのほうがいいに決まっているので迷わずトリアを選ぶところだけど、フラッシュ脱毛のケノンにはなんと美顔機能もついているので迷っているのです。

いや、むしろケノンに心が傾いている。

フラッシュ脱毛ってそもそもの始まりがフォトフェイシャルという美肌施術で使われていた機械で、毛穴を引き締め肌を明るくするといった目的の施術。
私もオーロラと呼ばれるフォトRFという美肌治療を過去にやってましたが、確かに顔の産毛も脱毛できてお肌のハリとシミに効果があると言わました。で、このIPLの光エステによって毛が薄くなったという報告があったことから、ドクターの間でIPLでも脱毛ができるのではないかという検証が行われた結果、脱毛効果が確認され、サロン等でも使われるようになったらしい。

というわけで、美顔器も兼ねて使えるけど、脱毛に関しては永久ではないのがフラッシュ脱毛。

どうせなら美顔器として自宅でフォトフェイシャル出来るほうが魅力的に感じる。

どなたか実際に使ったことある方、コメントくださーい。


かなり主張したランキングバナー・・・
そんなにクリックして欲しいのか。。。
ええ。そうなんです。
お願い!クリックしてちょんまげ。未熟なアルパカ野郎に強めのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ 美白・美肌ブログのランキング このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事