FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

細胞の「糖化」を抑えれば老化は止められる

風邪ひいてしまった。冬、あんなにインフルエンザ流行ってて、抗がん剤治療で免疫力低下してるにもかかわらず全然平気だったのに。昨日喉が痛いなーと思ってたら、今日はクシャミ鼻水鼻声で体がだるい。これは…風邪でしょ。今週は治療Dayなのに、風邪ひいてたら治療できないのかな…(´ー`)さて。白目が白くなったことで急に気になり出したのが糖化という言葉。そこで思い出した。「糖化」について書いてあった本があった。 ...

2019
17

糖化を防ぐ食事の仕方

「糖化」とは血液中の余分な糖と体内のタンパク質がくっつくことで、お肌の真皮のタンパク質ともくっついてしまうので肌の弾力低下やくすみの原因にもなったりします。糖分の摂りすぎは太るだけではなくお肌の老化を早め、さらには糖尿病や動脈硬化、骨粗鬆症などの病気をも引き起こしてしまうらしい。じゃあお肌のためにもダイエットのためにも、「炭水化物抜きな食生活だ!」としたとする。ところが、この「炭水化物抜き」ってい...

2014
04

デブとブスは砂糖から。

糖分(炭水化物含む)を食事から摂りすぎると太る。砂糖に限らずなんでも食べすぎれば太ります。太るだけならダイエットすれば痩せたりもできるけど、細胞の老化も促進させてしまうとなると、話は別。糖分の摂りすぎは細胞の「糖化」現象を引き起こし、これが肌の老化現象、つまりは肌の弾力やハリの低下、くすみ、しわ、しみを引き起こすと言われているのです。「色の白いは七難隠す」ということわざがあります。これはつまり、「...

2014
03

砂糖が肌をダメにする

ブログに書くための美容ネタが無くなったので、もう一度RDクリニックの北條先生の「妻の化粧品はなぜ効果がないのか」を再び読み返し、ネタ探し。そしたら見つけた実は気になっていたんだけど、気にならないフリをしていたある言葉。「砂糖を控えることで細胞の老化を防げる」というではないですか。私は大の甘党で、甘いもの大好き。炭水化物も大好き。太ると分かっていてもやめられないし、実際に太っても全体的な食事量は減らし...

2014
02