美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ハイドロキノン4%が1本約470円だった。

2016年の10月末に肌再生医療による全顔治療を受けてから4ヶ月が経過しました。細かい経過は別途ブログにも載せているように、とにかく確実に着実に効果が出ています。特に最近感じるのは顔全体に張りが出てきたこと。悩みだったクレーターのように開いてしまった毛穴も、もうクレーターとは言わせないくらいにまで改善。まだ毛穴レスではないけれど、とにかく鏡を見るたびに開いてしまった毛穴をどうしようかと悩んでいたストレス...

2017
09

おすすめの4%のハイドロキノン

週に数回ほど朝の電車で一緒になる女の子がいます。おそらく学生さんか、20代前半か。いつもピンクとかオフホワイト系のカラーでまとめていておかっぱヘアでラブリーなのが好きなんだな、と思わせるようなふりふり系の服を着ている。今朝、目の前にギターケースのような形の鞄を持って、全身黒ずくめ、エナメルっぽい黒のハードなブーツを履いて、黒いニット帽をかぶり、黒いムートン風のコートを着た女の子が座った。最初は男かと...

2015
25

アメリカ発ハイドロキノン4%クリーム

今まで使っていたハイドロキノンが無くなったので新しいクリームをゲッツ毎度お馴染の個人輸入だけど、最近は円安でなかなか購買意欲が湧かない。かといって、夏なのに美白を怠るわけにはまいりません。今回手に入れたのは、新商品のBIHAKUENというハイドロキノン4%のクリーム。一緒にトレチノイン0.1%も購入。これなんと。この手のクリームとしては珍しいアメリカ製なんです。今まで使っていたユークロマ クリーム(ハイドロ...

2015
30

日焼け後のスキンケア

甥っ子の運動会で日に焼けてしまったのはおでこの生え際だけだけど、半日紫外線にさらされていたわけなので、しばらくはいつもよりも念入りにスキンケアをします。おでこの生え際の焼けてしまった部分(写真↓参照)は、いくら美白しても元の色には戻りません。一度メラニンが出て黒くなってしまった皮膚はターンオーバーを早めて垢として体外に排出するしかないのです。例えるならタマネギの外側の茶色い皮を剥くようなものです。...

2014
30

トレチノイン&ハイドロキノン復活

涼しくなったことだし、紫外線も真夏と比べたら若干は弱くなったであろうということで夏の間はお休みしていたトレチノインと、先日届いたハイドロキノン4%での美肌法を復活~トレチノインは、①真皮の線維芽細胞のコラーゲンやエラスチンの産生を促す→肌にハリが出てくる   ②表皮の角化細胞の増殖の促進→表皮内での細胞分裂が盛んになり、下から古くなった細胞をどんどん押し上げるので古くなった角質がはがれて新たな表皮が肌...

2014
28

ハイドロキノン製剤を作る際に気をつけること

船橋市の非公認キャラクター、ふなっしーの中に入っているのは女じゃないか、と母親が言っていたけれど、あの動きは男じゃないとできないのでは?と思ふちょっと検索してみたら、ネットではふなっしーの中の人についてだいぶつっこんだところまで調べてあるみたいで。やっぱ男だろ。という結論。本日はハイドロキノン製剤を手作りする際の注意事項についてご質問いただいたのでお返事です。以前、交通事故に遭い、右膝~脚前面を擦...

2013
01

7%ハイドロキノン&乳酸クリームとトレチノイン2回目

昨日の夜、真っ赤になる覚悟で再びトレチノインジェルの0.1%と手作りハイドロキノンクリームを塗ってみた。だがしかし。本日は無反応なり。特に塗る量も減らしてないし、順番も変えていないのに。謎だ・・・考えられることと言えば、最初に手作りのハイドロキノンクリームを塗った時、出来上がって容器に入れたものではなく、材料を混ぜ合わせた乳鉢のヘリについていたものをもったいないからと手で拭って使ったのだけど、そこに乳...

2013
12

手作り7%ハイドロキノン&乳酸クリームはいくらでできる?

昨日は手作り7%ハイドロキノン&乳酸クリームによる顔の赤みもほぼ落着き、皮が剥けるのもひと段落したので、懲りずにクリーム塗って就寝。   今までの経緯「東大式7%ハイドロキノン製剤を手作りする」塗った時の刺激はなく、クリームもまだ酸化して変色しておらず、作った当時の真っ白なまま。ただハイドロキノンのざらつきは相変わらずで、塗り心地が悪い。今朝おそるおそる鏡を見たけれど、特に顔が赤くなっていることは...

2013
30

7%ハイドロキノン&乳酸クリームで顔が真っ赤になるの巻 2日後

今日はうちのワンコを・・・なんて。シロクマならぬ「コグマ」です。有楽町にある鹿児島遊楽館でおいしくいただきました。練乳にコアントロー(洋酒)の風味。氷がふわっふわっでボリュームあるけどとろけるのでシロクマでもいけたかも。やっぱり本場のシロクマは美味でした。さて、本日の茹でダコ具合ですが、ほぼ正常色にまで戻りました。茹で指数100%↓茹で指数30%程度かと。赤味はひいたけど、昨日の夜も顔の皮は剥け続...

2013
29

7%ハイドロキノン&乳酸クリームで顔が真っ赤になるの巻

昨日、手作りの東大レシピによる7%のハイドロキノン&乳酸クリームを塗ったら、顔が火照ったように赤くなった、と書きました。   →昨日の記事だがしかし。夕方になるにつれて火照ったような赤みを通り越して茹でダコのような赤い顔になったのである。BeforeAfter 首との色の違いに注目決して風呂上りではありません。夕方になるにつれて、顔がツッパるような感覚になり、久々にトレチノインを顔に塗ったからかな~なんて思っ...

2013
28

ハイドロキノン7%乳酸7%美白クリームの使用感

早速手作り東大式ハイドロキノンクリームを塗ってみた。   作り方は→「実践編」をどうぞ。乳鉢の周りについていたクリームを、手をヘラ代わりにして無駄なく顔にたっぷりと塗りました。だってもったいないじゃん。そのせいか、ハイドロキノンがザラつく。乳鉢でもっとぐりぐりしたほうがよかったんだろうか・・・でも、ハイドロキノン入りのゲルを作ったとき(→「10%ハイドロキノンゲルクリームにヒアルロン酸投入」)はなか...

2013
27

【実践】東大式ハイドロキノン7%製剤

準備編に続き、やっとこ作り始めた東大レシピのハイドロキノン製剤。いざ作ろうと思ったら、買っておいた容器が見当たらなかったり、エタノールを買い忘れていたりして、ノロノロしていたのです。結局、エタノールなしでやることにしました。エタノールはハイドロキノン粉末をすり潰す際に潤滑油的に使用するだけなので、なくてもいいんじゃないかという判断。では、実践編です。7%ハイドロキノン7%乳酸入りクリーム【50グラム】...

2013
26

東大式5%ハイドロキノン【準備編】

やっと材料がそろったので早速東大式5%ハイドロキノンクリームを作ってみます。と、いっても。一部使用する薬剤を変更しました。もともとの東大式では全量500gのクリームになるように、・ハイドロキノン 25グラム・乳酸7% 35ml・精製ラノリン 10グラム・プラスチベース 430グラムのレシピなのだけど、500gってすんごい多いじゃんか。ハイドロキノンも酸化して劣化するので、少量をこまめに作ったほうが効果が高いわけです。...

2013
22

東大式5%ハイドロキノン製剤を作る

カネボウ化粧品の白斑騒ぎがあったので、しばらく美白化粧品には注意しなきゃな~と思ってちょうど...

2013
15

カネボウの美白成分

カネボウが独自に開発し、厚労省の承認を取っていた美白成分「医薬部外品有効成分“ロドデノール” 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール」という美白成分が入った化粧品で肌がまだらに白くなる、というケースが散見され、カネボウはこの”ロドデノール”成分が入った化粧品全てを自主回収することになったと、昨日のニュースで話題になってますね。この「ロドデノール」って、そもそもどんな働きをする美白成分なのか、が気になる。...

2013
05

ハイドロキノンと皮膚がん

先日大学時代の友人数人とおされ(お洒落)なホテルランチへ行こうじゃないか、ということで、行ってきました。グランドハイアットのフレンチレストラン「フレンチ キッチン」というランチならブッフェで¥3,900、通常のコースメニューだと前妻・スープ・メイン・デザートで¥2,900とホテルランチではお安いのです。ブッフェだといちいち取りに行くのめんどくさいし話が中断されるから、という理由でコースを選択。で、何が言いた...

2013
25