美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ヘリオケアの日焼け止めはクレンジング不要?

2013
25
最近は梅雨のせいか曇りがちだけど、ちょっと晴れたりすると途端に日差しの強さを実感。

去年よりもなんだか紫外線量が増えているんではないだろうかと思われる。

気になったので、気象庁のHPで確認したら、今年の4・5月の紫外線量は平均値よりも多いという結果。

であれば6月も多いことが想定されます。

屋内でも日の当たる位置にいると、日焼け止め塗ってても余談ならぬ感じ。

顔がほてったような気がしてら、れんげを何度も重ね塗りしてます。

おかげで(かどうか知らんケド)今のところ特に日常紫外線で日焼けしたような気がすることもなし。

そういえば、ヘリオケアの日焼け止めですが、eBayで購入しようと売主さんにまとめて買うと送料どのくらいになるのかね?と問い合わせたところ、なぜか個別に同数買うよりも高い送料提示してきて。

そんなら個別に買いますからイーです、というところからブログに書くのをすっかり忘れておりました。

そろそろ今使っているSPF30のシルクジェルが無くなるので、今回はBBクリームみたいなファンデーション不要の色つきタイプを購入。

送料込みでスペインより2個で¥7,563で購入。

一番安いと思います。


ちょうどヘリオケアについて以下のようなご質問をいただいたので、私も気になったので再び調べてみました。


最近私も、ヘリオケアのサンスクリーンをゲットしました^^。SPF50で十分と思っていたのですが、偶然ちょっと安かったこともあり、SPF90のジェルを購入してしまいました。道子さんも90(50+)をお持ちでしょうか?

数値が高いので、要クレンジングかとちょっと気になったのですが、道子さんは確かどこかで「オイルフリーだから不要(と思う)」と書かれていたように思いますが、今もヘリオケアをつけた後、クレンジングはされていないでしょうか?
最近ある化粧品メーカーのBAさんに聞いたところ、「日焼け止めはオイルフリーかどうかというより、ウォータープルーフかどうかでクレンジングの要・不要が変わる」というような話で・・・すなわちオイルフリーでも、ウォータープルーフならクレンジングしないと、という感じでした。

ヘリオケアの製品ページをよく見たら、確かに「water resistant」という記載があるので、一応クレンジングもするつもりでいたのですが。
でも実際、このヘリオケアをつけてみたら、なんというか・・・ウォータープルーフという感じがあまりしないのですが、どうでしょうか?? 
他メーカーのSPF50+のがっつり日焼け止め(ケミカル・紫外線吸収剤配合)は、手などに塗ったあとその手を洗っても、しばらく水をはじきますが、このヘリオケアはどうもそういう様子がなく、すんなり水になじむ様子なので・・・。

正直これならクレンジングなしでも落ちそう?という気がしましたが、と同時に、数値はすごく高いものの、本当にそれほど効くのか??と気にもなってきました。真夏に汗だくになったりしたら、みんな流れ落ちそうな気もするのですが;、これまでのところ、ヘリオケアのクリームの効果のほどはいかがでしょうか?

ちなみにこのクリーム、匂いがすごいですね;・・・なんていうかベタな洋風のバタ臭い化粧品臭?という感じで、なかなか消えないし、こんな強烈な香料を入れるほうが肌に負担にならないのかと思ってしまいますが、そのへんはさすが洋物;。道子さんはどうかわかりませんが、私にはちょっと気持ち悪くなるような匂いで;、現在これにけっこう苦しんでます苦笑???。



ヘリオケアシリーズについての詳細は情報が少な目。

基本は販売しているクリニックの先生のブログや代理店の説明で詳細を知ることになるのですが、ウォータープルーフ?ウォーターレジスタント?かどうかは書いていないことが多いかも。

私が使っているジェルタイプはオイルフリーで、ご質問頂いた読者様もジェルタイプなのでオイルフリーなはず。

コレ↓使ってます。
ヘリオケア1


おっしゃるとおり、クレンジングが必要かそうでないかは、ウォータープルーフ(レジスタント)かそうでないか、がポイントだと思います。

日焼け止めやファンデーションを使用した時にクレンジングが必要かどうかは、そのメーカーの使用説明書を読んでみればわかる。

ところがヘリオケアのようにまだ日本で正規代理店がないような場合は、使用説明書は外国語で、読解不能なこともある。

このような不安要素がある化粧品は使わないのがいいのかも知れないけれど、世界には日本にはない優れた商品もたくさんあるわけで、ついついそっちに目が行ってしまう。

ところで、私の持っているヘリオケアは英語の成分表示ではなくスペイン語。

スペイン語なんてさっぱりわかりませんが、必死に「Water resistant」っぽい言葉を探してみましたが見当たらなく、探すより聞いた方が早いと思い、ヘリオケアを扱っているifcグループと言う会社のイギリス本社へ問い合わせてみました。

以下が、ifcカスタマーから来た回答です。

Heliocare is water resistant, which means it can withstand 2 x 20 minute immersions in water before requiring reapplication. We would always recommend reapplying after bathing or sweating as well.



つまり、ヘリオケアは「Water resistant」であり、一度塗ったら水の中で40分は耐えられる、と。

つまり、海やプールなどでは40分に1度塗り直す必要があるってことです。

とはいえ、汗を掻いたり、お手洗いに行くたびごとに塗り直すことをお勧めします、ってことでした。



そもそも、「Water proof」とか、「Water resident」とかって、その基準はなんなんだ?ってことになるわけですが、プルーフもレジデンスも意味は大体同じで、つまりは「耐水性あり」ってこと。

「汗や涙、水などに強く落ちにくくなっています。」

というのが真意で、当たり前ですが、「絶対落ちません」ということではなく。

FDA(米国食品医薬品局)では、日焼け止めの効果が実際以上に高いかのように誤解させてしまうような表示の仕方の「ウォータープルーフ」と表記することは禁止され、現在は「water resistant」に統一されるようになったそうです。

「water resistant」と記載する際には、FDAの検査に基づき、紫外線防止効果が続く時間(40分とか80分とか)を表示しなければならない、とのこと。

     (http://bglenish.com/ 参照)




というわけで、ウォーターレジスタンスであるヘリオケアを使っている私の日々のクレンジング方法ですが、やっぱりクレンジングは使っていません。

なぜなら、手に付いたヘリオケアが石けんで落ちるから。

頂いたコメントにもあるように、「他メーカーのSPF50+のがっつり日焼け止め(ケミカル・紫外線吸収剤配合)は、手などに塗ったあとその手を洗っても、しばらく水をはじきますが、このヘリオケアはどうもそういう様子がなく、すんなり水になじむ様子」という、まさにその感覚から、クレンジング無しで済ませてしまっています。

オイルフリーであることが、すんなり水になじむような気がする点なのかもしれませんが。

今、私はファンデーションを塗らずに日焼け止めとチーク、マスカラ、アイライン、アイブロウのみのお化粧で、クレンジングを使わずに北原石鹸だけで洗顔しています。


クレンジングはお風呂でやるので、お風呂に入る前にれんげ化粧水を顔にたっぷりとつけます。

ヘリオケアがオイルフリーなので、水分をはじく要素のものがチークくらい(?)で、この時点でだいぶメイクが落ちたような気がします。

そしてシャンプーして、トリートメントをつけてヘアパックをしている間に北原石鹸で洗顔。

顔が汚れていたり、油分があったりすると泡立てた泡がすぐに消えてしまい、顔に泡が馴染まないので、その場合は2度洗い、まだ泡がすぐに消えてしまうようなら3度洗いして、泡が消え無くなるまで洗顔するのですが、ヘリオケアにしてからは2度洗いすることはほとんどありません。

1度で泡が消えることもなく、普通に洗顔できるので。

マスカラもお湯で落ちるデジャヴュですし、時折、アイラインだけ落ち切らない時があるので、その場合は綿棒でアイラインだけクレンジングで落とします。

つまり、きれいに日焼け止めが落ちたかどうかは、石けんの泡立ち具合で決めている感じデス。

それと、その後の化粧水の染み込み方でしょうか。

これは私の感覚なので、それではちゃんと汚れが落ちていいないようで気持ち悪い、と言う方はクレンジングすればいいと思いますし、スキンケア方法は人それぞれなので、、、


確かに、こんなに簡単に石けんと馴染む(ような感じ)のだから、真夏の汗だくの時はどうなんだろう?ってことなのですが、私は日焼け止めを塗り直したりすることは今まで一度もしたことはありませんが(←ほんとはダメ)、日常生活においてはまだらに日に焼けてしまったり、という経験はないのです。

ヘリオケアの 飲む日焼け止め を一緒に使うと、こうゆう不安も無くなるのでは、とか思いますけども。


個人的には、汚れを落とすために強い洗浄力のクレンジングを使って皮脂まで洗い流してしまい、乾燥を招くくらいなら、ちょっとくらい汚れが残っていたって皮脂が無くなるよりはいいやっっていう考えです。

その分、イオン導出で汚れを吸着させて取り除いたり、はしていますけど。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment