美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

トレチノインの使用期限と保存方法

2013
04
朝から雨は降っていないけど、今日は確実に降るぞっていう日に、雨降ってないのに長靴を履いて出かけるのはちょっと暑いし蒸れる。

そんな日のために買ったこの靴↓
IMG_0876[1]
ハンター のレイン用バレーシューズ

この靴。

雨が降ったらそりゃーもう水が入ること半端なし。

靴の中が水でぐっしょりになります。

でも別に、全部ラバーなので脱いでタオルで拭けば何もなかったかのような状態になるし、サイドが浅いので靴擦れもしないし、お気に入り。



では、本日は頂いたご質問へのお返事です。

疑問に思っていることがありますので教えていただけますでしょうか。

>肌のくすみ取りなどのターンオーバー対策の場合、頻度が1週間に1度程度・・・

とありますが、1週間に1度程だと、トレチノインハイドロキノンもほとんど減らないですよね。

でも、使用期限は開封後1か月くらいときいているのですが、開封後、効果が変わらない?、効果が薄れない? 何か良い方法があるのでしょうか。



トレチノインは薬剤の安定性が悪いので冷蔵庫(もしくは冷暗所)に保管して、一度開封したら1ヶ月程度で新しいものと取り換えるのがよい、と言われています。

「トレチノインは薬剤的に不安定」ってなんなのよってことですが、光や熱によって分子構造に異変が生じる、ということらしい。

つまりは、熱や光によって分解されたりして、トレチノインの持つ分子構造そのものが別のものへと変化してしまうとしら、そりゃー効き目は無くなります。

だって別物になるわけだから。

いわば、トレチノインが光や熱に耐えうる期間が1ヶ月くらい。

トレチノインを処方しているクリニックによっては、個人輸入などで既に製品化されているものは既に効果が薄れていて、院内でトレチノインの粉から先生が作ったできたてのホヤホヤ以外でないとトレチノインの効果は半減する、というところもあるけど、じゃあそのトレチノインの原粉っつうのは光や熱に強いんか、という新たな疑問がでてくるけどキリがないのでパスします。

とにかく、一般的には1ヶ月毎に新しいものを・・・って言われておりますが、私の場合、何年かかっても最後まで使います。

と、いっても、今使っているトレチノインジェル0.1%は、私がトレチノインに慣れてしまっているのもあるけれど、それほど効力が強くなかったので気が向いた時には朝晩つけてみたり、毎日夜だけつけてみたり、と思ったら1週間くらいつけなかったり、と極めてテキトーな感じですが、効力は確かに落ちているのかもしれないけれど、それなりに顔の皮も洗顔時に剥けてくるので、使い続けています。

保管は冷蔵庫。

特に長持ちさせようとか、そのような工夫はしてません。

確かにもったいないけど、足の傷跡とか、脇の黒ずみ対策とか、ひざ・ひじなどボディに使えば1ヶ月持つか持たないか、だと思います。


効果が薄れるのが気になって新しいものと取りかえる場合は、どうせ捨てるのなら足全体に塗ってみたりとか、それなりに利用の仕方はありますョ。

ボディの場合、古い角質が取れただけでも見た目の印象が全然違ってくるので、結構楽しいのです。


ちなみに、ハイドロキノンは朝晩毎日使います。

なので1ヶ月も持たないこともしばしばです。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

昆布  

はじめましてm(_ _)m

すみません。お聞きしたいことがあります。

トレチノインを塗ったあと、その上からすぐハイドロキノンを塗るという使用方法で現在この二つを使っているのですが、合っていますでしょうか??
同時に使っても両方とも威力を発揮できますか?
ハイドロキノンをせっかく塗ったのにトレチノインの効果で皮がむけてしまって意味なし…みたいなことにならないのでしょうか??

ずっと疑問なのです…。

2013/07/11 (Thu) 11:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment