美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

法令線と小鼻周辺の毛穴の開きの改善

2013
16
どーもこんにちは美女道子

美女道子です。

昨日両親とともに住宅展示場に行った時、お楽しみ抽選会というものをやっていて、クジを一枚引いてくれと言われたので引いてみたらなんと特賞が当たって、ホームベーカリーをもらいました。

ご飯でパンがつくれるやつ。

欲しいと思っていたのでラッキーだったけど、これで今年の運()を使い果たしたのでは・・・と少々不安です顔なし


本日は、ほうれい線への肌再生医療の効果についてのまとめです。


法令線への細胞注入(20cc)の場合

法令線の改善
  houreisen1year.jpg

小鼻周辺の毛穴の開きの改善
  keana1after.jpg

すごいこんなに

と、今更ながら自分でもビックリしてしまった。最近は法令線の悩みにすっかり解放されて、興味なかったので。

写真でこれだけ違いがはっきりわかると、テンションあがります。

小鼻周辺の毛穴の開きの改善に関しては、肌再生医療ならではの相乗効果なわけです。

法令線を改善しようと思ったら、小鼻周辺の毛穴の開きも改善されてしまった、みたいな。

逆に考えれば、目の下~小鼻周辺の毛穴の開きを改善させたいと思って肌再生医療を行った場合、相乗効果として

・法令線の改善
・目の下のたるみの改善
・全体的に張りが出てキュッと持ち上がる。


というような効果も得られるんじゃないかと思うけど、どうなんだろう?


もし私が肌再生医療以外で法令線と小鼻周辺の毛穴の開きを改善しようとした場合、

・法令線にヒアルロン酸を注入
・毛穴の開きにレーザー

を選ぶだろうと。

その場合は、ヒアルロン酸の注入での効果は長く見積もって半年。

レーザーでの毛穴の改善は、目に見える効果が期待できるまで毎月レーザー照射して、半年~1年の継続照射後だろうと推測。

それに比べたら、1年でこんなに法令線も毛穴の開きも改善しているわけなので、肌再生医療のすごさを改めて実感。

おそらく、RDクリニックの先生達に言わせれば、当たり前なこと。

シワやたるみ、毛穴の開きの原因になっているのは肌細胞の減少が原因。

減ってしまった肌細胞を注入して増やしているわけなので、肌細胞が減少したことによるシワやたるみや毛穴の開きは改善されるに決まっている。

減ってしまった細胞を増やす、という根本を改善したわけなのだから、1ヶ所だけのピンポイントを見た目で改善させる美容整形とはそもそもの概念が違う。

肌再生医療こそ本当のアンチエイジング。

肌の細胞が増えれば肌の水分保持量だって自然に増えるわけで、シワやたるみが改善されるだけではなく、子供のようなプルっとした肌に近づくことだって夢じゃないわけで。

1年に1回、全顔に細胞を注入とかしたら、どうなるんだろ??

やりたいけど資金不足なりsnoopy.gif

だがしかし。


1年に1ヶ所づつの細胞注入でも、この方法にしかない利点はあるのです。と、勝手におもっている。


それについては、また次回




肌再生医療、どうせやるなら早割で。
http://www.rederm.com/fast/
無料カウンセリングに行って、治療の予約をする際に2ヶ月以上先の日を予約すれば、細胞抽出料金 約42万円が20%オフの約34万円に。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment