美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

手作り7%ハイドロキノン&乳酸クリームはいくらでできる?

2013
30
昨日は手作り7%ハイドロキノン&乳酸クリームによる顔の赤みもほぼ落着き、皮が剥けるのもひと段落したので、懲りずにクリーム塗って就寝。
   今までの経緯東大式7%ハイドロキノン製剤を手作りする

塗った時の刺激はなく、クリームもまだ酸化して変色しておらず、作った当時の真っ白なまま。

ただハイドロキノンのざらつきは相変わらずで、塗り心地が悪い。

今朝おそるおそる鏡を見たけれど、特に顔が赤くなっていることはなかったので、初日の反応はやはりトレチノインが原因だったみたい。

トレチノイン単独では、0.1%の濃度では経験したことのない激しい反応だったので、やはり乳酸との相乗効果のせいだったのかもしれない。

ちょっと様子を見て、再びトレチノインと一緒に使ってみようと思います。

と、いうわけで、今回の手作り7%ハイドロキノンクリームがTotalいくらでできたのか、計算してみました。


材料

ハイドロキノン 40g  6,090円(送料無料) 化粧品原料通販センケンにて購入


乳酸 50ml 525円
プラスチベース 100g 880円
   日本漢方医薬研究所薬局にて購入  送料250円


この他、精製水や馬油は以前購入したものの残りを使ったので今回の材料費には含めず、別途乳鉢 630円 を購入したのでこれもいれてみる。

すると今回の出費は 8,375円

ところがメインのハイドロキノンはたった3.5gしか使ってないし、乳酸に至っては今後どうしたらいいのかわからないくらい残っている。(濃度が50%だから薄めるとどんどん増える)

ベースとなるプラスチベースは約半分使用しているので、少なくとも今回の8,375円で2回分は作れることになる。

すると1回あたり約4,000円。

ハイドロキノンは約10回分あるので、今後はプラスチベースだけ追加購入すればよく、平均すると約1,000円でクリームを手に入れることができるわけです。

7%ハイドロキノンクリームは普通に売ってないので、皮膚科で処方してもらったとして、平均約4,000円くらい?だとしたらやっぱりかなりなお得感。




関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment