美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

靴の中敷きの剥がれを直す

2013
02
週末は靴職人に変身します変身

今回はパンプスの中敷きがはがれてしまったので補修しました。

photo1.jpg

私の場合、比較的よくある出来事な中敷きの剥がれ。

素足で履いた場合、靴を脱ぐときに一緒に中敷きもベローンとついてくるので要注意なのです。

このパンプスは何もしなくても自然と剥がれてきたパターンだけど、革がのびてちょっと緩くなってしまったパンプスなどに中敷きを入れる場合は、脱いだ時に見えるのがイヤなので、わざと中敷きをはがして半分タイプの中敷きやジェルソールなどを入れ、再び正規の中敷きをかぶせて接着し、外見からは何事もなかったように見せかける、という方法もよくやります。



靴の中敷きの接着方法


そんなの普通にアロンアルファでくっつければいいんじゃないの?って話ですが、アロンアルファではダメなんです。

接着力が弱いのですぐはがれてきます。


【用意するもの】

ゴム糊
ハケ ※使い古しの歯ブラシとかでもOK
シューツリー ※無くてもよいけど、あると接着面がしっかり固定できる。

さて。

今回使用するゴム糊ですが、これは革製品の接着材の種類の中では一番接着力が弱いのです。
革製品専用のボンドは靴底のゴム張りなど取れてはならぬものの接着に使いますが、靴の中敷きは汚れた場合は交換が可能なので、比較的はがしやすい接着剤を最初から使用しているのです。

今回使うゴム糊は靴の修理屋さんや百貨店の靴売り場などでも使用しているのと同じものです。
1-IMG_1031.jpg


まずは剥がれた中敷きをめくります。
1-IMG_1033.jpg

自然にはがれてくる場合はかかと部分のみの場合はが100%。

中敷きをインするために故意ににはがす場合は、クッション材などが先端に入っていたりするので、より慎重にはがす必要があります。

ゴム糊を刷毛につけて、靴の本体と中敷きの両方に薄く延ばします。
1-IMG_1034.jpg

触ってもベトベトしなくなるまで放置。

あんまり分厚く塗ると接着した時に糊がはみ出てきます。

でも大丈夫

ゴム糊は乾いたらはみ出た部分を手で引っ張るとビヨーンと伸びて取れるのです。

ある程度乾いたら、中敷きを接着。
1-IMG_1035.jpg

シューツリーで押さえつけて放置。

シューツリーがない場合は手でぐいぐい押してつけるといいみたいです。


私は東急ハンズの半期に一度のセール(9/4まで??)でシューツリーが安かったのでまとめ買いしております。

これがあるとないとでは、お手入れの時に結構な違いがあります。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment