FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

無理なく足を閉じて座る方法

2013
02
本日は、椅子に座った時に自然と両膝が開いてしまう方必見です。

むか~し通っていた山田陽子プロポーションクリニックで教えてもらった裏技です。

そもそも、なぜ膝を閉じて座らないといけないのか。
逆に言うと、なぜ座った時に膝が外側に開くのか、ということだけど、それはただ単に骨盤が通常よりも開いていることによって、筋肉も贅肉も足の外側につきがちで、外側の方が足の内側よりも重いから、ということらしい。

骨盤が開く、ということは、左右の坐骨間が広がってしまっている、ということ。
骨盤
すると足の付け根も横に人がっている状態なので、両膝を閉じる、という体勢が自然にできなくなって、開いた両足に余計なお肉もつきやすくなるのです。

とにかく、これ以上坐骨を開かせないために、毎日の習慣から治すことが大切。

そこで、本題です。


両膝を無理なく自然に閉じて座る方法


①まず、できるだけ骨盤が垂直になるように、背もたれにだらしなく寄りかからないようにして椅子に座る。

②両膝を閉じる。➜このままだと時間が立つと自然に足が開いてしまう。

③お尻の肉を自分のお尻の下にしまう。➜椅子に広がった自分のお尻の肉を、お尻の下に手でさっとしまうイメージ。例えば、座った時に広がってしまったスカートを自分のお尻の下にしまうような感じ。片方のお尻をちょっと上げて手でさっと太もも~お尻近辺のはみ出したお肉をしまいます。

実際にはお尻のお肉は大して動かないけれど、両膝は力を入れなくても開かなくなり、電車の中で寝てしまっても足が開いてしまう心配は激減します。

これでいつでもお行儀よく両膝を閉じて座っていることができます。


ちなみに、山田陽子プロポーションクリニックで教えてもらったストレッチ方法は、山田式骨盤ダイエット法とほぼ同じです。むしろ新しくなって新鮮でした。

サロンに通うのはお金かかるけど、このDVDを見ながら自宅でストレッチするだけでも十分かと思います。

大切なのは継続して毎日行うこと、ですね。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment