美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

首へのトレチノインは要注意

2014
07
今日で全顔トレチノインでの小じわ対策を実施して3日目。

昨夜からなんとなく顔がつっぱるような感じがしていて、鼻の周辺の皮が剥け始めました。

いつもならこの段階でトレチノインを使うのを止めてしまうのですが、毎日付け続けるのが小じわ対策の基本。
そこでひるまずに、昨夜も全顔トレチノイン➜ニベアというスキンケアを実施。

本日はアゴ周辺と鼻周辺の皮が捲れてきていて、顔全体がつっぱります。

昨日のブログで、「次は首へのトレチノインケア特集かな~」なんていっておりましたが、読者様より「ちょっと待った」コールがありましたので、詳細をご紹介します。

首のトレチノイン&ハイドロキノンを塗布していると記しましたが、まずは結果として、、とっても後悔しています。
首に塗布して3〜4時間放置してシャワーで洗い落とすという方法で3日間程続けたのですが、物凄い痒みに襲われ、夜も寝苦しく真っ赤になりました。あまりの痒さと赤みに我慢できず首の塗布を中止してステロイド入りのクリームを塗り始めて今2日経ちますが、ようやく赤みが引き出して、痒みは少しありますが随分マシになってきました。でも、首の皮が剥け始めています。
体質にもよるのでしょうが、首は皮が薄いので過剰反応したのではないかと思います。
顔ばかり美白に念を入れて首と差が出るかもしれないと始めたのですが、私はもう二度と首のトレチとハイドロは試みません。
これから首をやろうとお考えの方、どうかお気を付け下さい。



とのことなので、首へのトレチノインで首のシワ対策は一旦中止します。

首の皮膚は頬の3分の2の厚さしかないと言われています。

と、いうことは、頬の皮膚の厚みは平均して1.5~2mmなので、首の皮の厚さは約0.6mm程度で、つまりはまぶたと同じ。

まぶたも首の皮も卵の薄皮程度の厚みしかないので、トレチノインが効きやすいのだそう。

その分、かゆみや赤味といった副作用もあるのでしょう。

そういえば、脇の黒ずみにトレチノインを塗っていた時も痒かったのを思い出した。

副作用が出ると言うことは、其れだけ効果も高く出る可能性があるわけだけど、ひどいのは日常生活に支障がでるのでどっちをとるか、選択が難しいのです。

首の美白とシワのケアは、最近頂くコメントでは一番人気の部位なので、今後真剣に考える必要がありそうです。

やっぱり、デコルテと同様にダーマローラーが手っ取り早いかな?
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment