美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

春だ!ダイエットだ!理想の体脂肪率は?

2014
19
最近私太りまして。

この数年間ずーっとキープしていた体重を1.5キロオーバーしてからかれこれ1ヶ月。

今までだったら、気付いた段階でちょっと食事に気をつければすぐ元に戻ったのに、この1ヶ月間食事に気を付けている(つもり)のに全く元に戻る気配がありません。

一番考えられる理由は、

便秘症になったこと

だと思われます。

元々便秘体質なんだけど、5~7年前からファンケルの青汁を飲むようになって便秘が治り、さらにDHCの海洋深層水を定期購入するようになって、毎日快便、最近でははとむぎ焙じ粉末もプラスされてますますパワーアップ・・・・だったんだけど、

青汁→寒いので週に1度程度しか飲まず。
海洋深層水→同じ理由で暖かい飲み物優先につき飲まず
ハトムギ粉末→なんとなく食べなくなっていた

という事態が発生し、このせいかどうかわかりませんが、すっかり便秘症になってしまいました。

従って、最近は暖かくなってきたことですし、

青汁→毎朝
海洋深層水→炭酸水にして毎日コップ1杯は飲む
ハトムギ粉末→できるだけ食べるようにする

という生活に変えて、なんとか体重を元に戻したいわけです。

そんなわけで、本日のお題↓

体脂肪なんですが 理想はどれくらいだと思われますか?20代でしたら モデルのように細い方がいいと思いますが アラフォーになってくると 痩せていると見た目がギスギスしてきたり 口回りにほうれい線以外のシワ、デコルテがガリガリというデメリットの方が目立ちます。女性らしいラインを保つにはどれくらいの体脂肪が良いのかと?



私は体脂肪って実はそんなに気にしたことがなかったりします。

Wikipediaによると、東京慈恵会医科大学で判定基準として使用されている値はこのような感じに。
000025.jpg

けれど世の女性の常識(と思う)として、国や病院が定める理想値は私たちから見たら「デブ」なのです。

現在の私の体脂肪率は、18%くらいで、それでも1.5キロ太っちまったと慌てているわけで、20%越えの体脂肪率になったら今着ている服のサイズが合わなくなります。

確かにまだ10代・20代前半の頃は「細けりゃ細いほどいい」という考えで、理想のスタイルの芸能人は、というと、


工藤静香

とか答えていたっけ。

けれど年を重ねるごとに、細いだけではダメだと気が付き、理想のボディは手足ウエストは細く、胸とお尻は大きいカラダに変わる。

顔も二重あごではなくふっくらとした丸みも必要。

ある程度の脂肪も、必要なところにたっぷりとついてくれれば体脂肪率が高くても気にならないはず。

だがしかし。

現実にはそうもいかず、必要としていない部分への脂肪の定着率の方が抜群によかったりして、みんなボディメイキングに大変な思いをしているのです。

個人的には理想のボディは叶美香さん(バストは除いて

理想が高すぎるけど、理想なのでイインです!

程良い肉感、でも手足は細く、でも太ももはそれなりのボリューム、みたいな。

Sweet Goddessという叶美香さんの写真集を持っているのだけど、目の保養のために時々みては、自分との比較でため息だ出まくります。

スタイルのみならず、お肌の色や質感もすごく綺麗なので、何か一つだけでも真似できるような部分はないかな~と探すだけでもやる気が湧いてくる感じ。

全体的に太り気味でも、お肌がすごくきれいだったらスタイル抜群の人よりも目を惹き、キレイ度が高くなることもあるかもしれない。

足が太くてもお手入ればっちりでモチモチ感が感じられたら、太い足は目立たなくなる。

つけまつ毛ばっちりの美人より、自まつ毛の長いナチュラル美人のほうがインパクトが強い。

ドレスアップしたとき、誰よりも背中が綺麗な人は目立つ。

姿勢がいい人はスタイルがいい人と同じくらいきれいな印象を受ける。

他にも色々思うのだけど、長くなるのでこんな風に体脂肪一つにこだわらず他人よりもちょっと優れているどこか、をつくることで一気に綺麗度上がると思うんです。

サンダル履くならカカトと足の裏、足の爪は誰よりも手入れすること。

足の甲は日焼けして乾燥しがち、でも比較的お手入れしていない人が多い。

足が細くてもかかとや足の裏の手入れができていないと足の汚い人になってしまう。

年齢を重ねると髪の毛にもツヤが無くなってくる。

そんな時に自分だけ髪がツヤツヤだったら・・・?

とか、何か自分にできそうなことひとつを必死で磨く、というのが手っ取り早い美人への仲間入りの方法なのではないかと思ったりしています。


そんな私はナチュラルできれい、を目指しているわけですが、単に日々の努力がめんどくさいだけ、ということもあったりするわけで、できるだけ効率的でラクチンな方法を探しています。

とりあえず、今は元の体重に戻すことに必死です。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment