美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

頬のこけに細胞注入 1年後

2014
10
RDクリニックで頬のこけに培養ヒフ治療を行って、1年経ちました。

一番の目玉、頬のこけは写真にも映らず、肉眼でも全然気にならなくなった。
hoho1year2.jpg

思わぬ2次効果としてフェイスラインのデコボコが無くなったことと、頬の中心が上がった→顔の中心が上がったこと。
hoho1year.jpg

1年前の写真と比べてみるとよくわかるのです。

いわゆるリフトアップが実現しているわけなのです。

やっぱり培養ヒフ治療は万能です。

今までの美容法の中で一番確実、かつ予期せぬ効果も得られているし。


ホウレイ線の時は毛穴の改善。

頬のこけの時はフェイスラインのリフトアップ。

毛穴もリフトアップも、それだけを目的に美容医療を行おうとすると結構大がかりになるのです。

毛穴の場合、過去に2年間にわたって18回のオーロラというレーザーをやったけど、肌のハリやシミの改善には効果が合ったけど毛穴には???って感じでした。

もちろん、オーロラは毛穴を改善させる目的のレーザーではないけれど、副産物的な効果が多少あってもよいようなものなのに、残念ながら肉眼では確認できず。

フェイスラインのリフトアップは試みたことないけど、もしリフトアップしようとしたら大がかりな外科手術になるわけだし、ちょっと無理だす。。。

それに比べて培養ヒフ治療の場合、目的はそれぞれ別のところにあるのに、単独でも改善するのに大変な治療と同じ、いや、それ以上の効果が副産物的に得られているのがまた素敵kuma.gif


私には培養ヒフ治療が合っていた。

おかげ様でほうれい線の治療を行った2年前から、顔に関して「老け」をしみじみ感じることが無かったし。

むしろ鏡を見るたびに改善されるシワに喜ぶばかり。

ストレスも減ったのでは?と思います。

シワも毛穴も弛みも改善されてストレスフリーな2年間でした。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment