美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

マスクは顔の一部です

2014
24
本格的に花粉の季節になり、毎日マスクが欠かせない日々。

今は毎日トレチノインを塗っているせいで、顔の皮剥けも目立つのでマスクは重宝しています。

最近では、”ダテメガネ”ならぬ、”ダテマスク”ともいわれ、マスクで口元を隠した目元美人を目指す女性が増えて、花粉症でも風邪でもないのに常にマスクをつけ、ファッションの一部としてマスクを利用するようになっているのだそう。

そこで注目されるのがマスクの種類なのですが、あまり奇抜なものは不人気。

キャラクターの絵が書いてある奴とかは子供ならいいけど、大人は×。

では花柄のマスクは?というと、お値段も高く、ちょっと奇抜な感じで売れない。

せいぜいマスクの色をピンクかブルーにするくらいでちょっと他の人と差をつける程度。

勝負どころは目元なのです。

マスクで顔の下半分は覆われているので、ウルッとグロスをつけても見えないわけで、自然と注目は目元に集まります。

そこでやはり一番の注目株はまつげ。

マスクをしている限り、ファンデーションやチークなどは塗らなくても別に見えないからOKなわけで、できればナチュラルで

「私今日はマスクをしているのでスッピンですぅ~」

っていうアピールが有効。

そんな時に、つけまつ毛ばっちり、アイラインばっちり、マスカラばっちりではなんかちょっと魅力半減。

ここはやはり、自まつ毛の長さで勝負です。

私の場合、普段からファンデを塗っていないので、この期に及んでチークも付けなくなりますます朝のお化粧タイムが短縮。

そして最近さぼっていたまつ毛育毛を再び再開しました。

とりあえず、ケアプロストを夜寝る前に毎日欠かさず付けることを忘れないようにする。

以前、真面目にまつ毛育毛していたころはこんなにまつ毛が長くなった。

2010年3月 マスカラ1度塗りのナチュラルなまつげ
2月お化粧まつ毛 (2)


4年後、まつ毛育毛をサボっていたらこんなにまつ毛が貧相な感じに。
IMG_0427-001_20140324123935201.jpg

そして比較してみて気がついた。

まつ毛よりもまぶたの劣化が激しい・・・

今日はちょっとむくんでいるから・・・っていうレベルをちょっと超えているのでいいわけできない。

写真を取る角度が若干違う・・・っていうのもあるけど、何回取りなおしてもこんな感じの重たいまぶたにしか映らない。

明らかに、まぶたが垂れて重たい目元になってますよね??

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment