美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

2014年の美テーマは「目元」

2014
01
先日RDクリニックへ頬のこけの1年検診へ行ってきました。

経過はこのブログでも比較写真を記録しているとおり、RDクリニックで撮影した写真でも頬の重心が上がって顔全体が重力から少し解放されたような、フェイスラインが整った。

後はホウレイ線同様に、いかにこの状態を長く保つかが勝負。

そして気になる目元について劣化しているかどうか尋ねてみたところ、「まぶたのくぼみが目立ってきている」とのご指摘。

確かに、2012年1月のホウレイ線への注入前の写真の目元と2014年のホウレイ線と頬のこけへ細胞を注入した2年後の写真と比較すると、まぶたが窪み、まぶたがたるんでいる。

目尻のシワは写真では真顔なのでわからないけど、まぶたは確かに劣化していた。

006-008 (2)

窪みが大きく目元の影が目立つようになっていた。
画像 1020 (2)

遠目で見るともっとはっきりと。
IMG_0391.jpg

なんでも、目元の再生医療は他の部位に比べて見た目印象が抜群に変わるらしい。

と、いうわけで今年の美のテーマは目元です。

で、再び目周りへの細胞の注入を決意

これで今年も培養ヒフ治療を受けることになりましたkuma.gif

培養皮膚治療は、以前15回くらい行った美肌レーザー(オーロラ)と比べて何度も何度も行っても効果はあったような、でももっと高い効果を期待して次の美容法を試す、みたいなスパイラルに陥ることとは違い、1度注入した個所はもう終わり。新たな問題点を見つけて対処しているだけなので、1年ずつ顔の老化問題が解消されていくだけで、今までの医療美容の中でも私にとってはずば抜けた効果を発揮しています。

高い美容液を使っても絶対に治らない弛みやシワ問題。

フェイスリストなどで引っ張るのはリスクが高いしお金も高い。

それに比べたら培養ヒフ治療は1度の治療でシワや弛みだけではなく毛穴の改善や肌のハリなども改善されるし、私にとっては絶対的な美容法なのです。

一度細胞を注入してしまえば、あとは細胞を大事にするスキンケアや生活を心がければよいだけなのです。

そうすれば日々の涙ぐましい努力から解放されるしなんてったって楽なんです。

今月中に目元へ培養ヒフ治療やりまーす。


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

me  

まぶたの窪み

はじめまして。

気になったのですが、ケアプロストの副作用でまぶたの窪みは出ます。

そして、美女さん肌がれんげ肌になっていそうで。。
れんげの人達は、肌は薄くてテカリがあるような、キメのなくなったような肌質なのですが、皆さんシワとシミがあるんですよね。。
確かに角質を取りまくっているので、薄くなりある意味つるっとした肌なのですが。
美女さんのマスクの目元を見て、シワがれんげ特有でしたので、思わずコメントしてしまいました。

これからも更新楽しみにしております。

2014/04/02 (Wed) 03:07 | EDIT | REPLY |   

Add your comment