美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

目元への培養ヒフ治療 1ヶ月後。

2014
08
目元への培養ヒフ治療後、1ヶ月が経過したのでRDクリニック検診へ行ってきました。

と、いうわけでまずは比較写真から。
1ヶ月後 二重の重さ比較-1
この写真、どこが変化したか、というと全体的なまぶたの重みが少しばかり改善されて、気持~ち涙袋(目の下の影)が目立たなくなった感じ。

この「まぶたの重み」は実は老け顔の重要ポイントです。

実際に培養ヒフ治療を目の周りに受けるまでは、まぶたの窪みばかりを意識していたけど、実際にはまぶたが結構たるんでいたわけで。
1ヶ月後 二重の重さ比較3-1
斜めから写真を撮ると、こんなにまぶたが弛んでいたことに気がつかないふりをしていたことがバレた。

Beforeの目はなんだか重そう。


実はRDクリニックで検診を受けるまではまぶたの弛みが若干改善されていることに気が付きませんでした。

実感としては、夜になって顔が疲れてくると、まぶたに力を入れて目を開けようとすると三重まぶたになるのだけど、それがどんなに頑張ってもできなくなった。

人差し指でいつも三重まぶたにする部分をポンッと押してみたりするのだけど、三重まぶたにはならないのです。

なんだかまぶたに少しばかり弾力が戻ってきたような、そんな感じ。

先生曰く、目元の治療は比較的効果が出るのに時間がかかる人が多いそうで、私の場合もホウレイ線ほどはっきりと目に見える効果を1ヶ月で実感はできてはいないのだけど、まだまだこれからなので気長に変化を待ちたいと思います。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment