美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ビタミンCは活性酸素を除去する

2014
19
汗ばむ季節になってくると、、ノーファンデ派には毛穴の開きが気になります。

最近は2日に1度程度の割合でイオン導出で洗顔では落ちない汚れを落とし、さらにビタミンCローションをイオン導入しています。

美白、というよりは毛穴ケアのために。

そんなわけで、新たなビタミンCローションを投入。
IMG_0982.jpg
ドクターシーラボ VC100ポアホワイトローションです。

化粧水として、というよりはイオン導入用のビタミンCとして使用中。

ビタミンCは皮膚科で肝班の治療の際にも飲み薬(シナールという)として錠剤が処方されるし、トレチノイン療法を行っている東大の吉村先生(参考サイト:「美容医学への扉」)もシミへのトレチノイン治療の際に顔全体に高濃度のビタミンCローションを塗る、と言っている。

そもそも、なぜに美肌にはビタミンCが欠かせないのか、というと、

①ビタミンCは抗酸化ビタミンである

いわゆるフリーラジカルと言われる活性酸素は、簡単に言うと酸素が体内に入ったことによって絶対に生じる物質。
呼吸をしないと死んじゃうので生きている限り体内には活性酸素とやらが存在し続けます。

酸素分子は不安定な構造で、安定感を求めてすぐに誰かとくっつきたがるという性分。
そこでくっつけそうなその他の分子を見つけてくっつき、今までの不安定な酸素分子ではなく安定した活性酸素というものに変身するわけです。

この活性酸素。名前だけみると酸素が活性化されていて一見新鮮そうに感じるけど、実は暴れん坊で、とにかく仲間を増やそうとして連鎖的に安定している分子からも電子を奪ったりして変質させてしまう。

その結果、細胞の遺伝子が傷つけられたり、細胞膜が破壊されたり、エラスチン繊維が傷ついたり、時には細胞自体を殺してしまうことも。

turnover.jpg
表皮の基底層(真皮との境目)にあるケラチノサイト(表皮細胞)は、細胞分裂を繰り返すことによって表皮内を細胞で満たし、最終的には角質細胞という表皮の垢を対外へ押し出すことによってくすみ予防や表皮の潤いやキメを整えたりしています。
このケラチノサイトが活性酸素によってDNAが損傷を受けると、分裂事態ができなくなってしまう。
分裂ができなければ表皮の細胞は増えないので中身はスカスカ、当然シワになったり潤い不足でカサカサお肌になったりします。

さらにさらに。

表皮基底層にある色素細胞も活性酸素による損傷を受けることでむやみにメラニンを生成したりしてシミが増えたり。

その他にも、損傷を受けた細胞自体がガン細胞へと変身してしまったりと、とにかく活性酸素は有害なのです。

でも大丈夫。

私たちの体にはちゃんと有害物質を排除したり殺してしまったりして自らの身を守ろうとする機能が備わっているんです!

その名も「活性酸素抑制剤(フリーラジカル・スカベンジャー)」。

簡単に言うと、抗酸化物質です。

抗酸化物質の中でも、ビタミンC、ビタミンE、βカロチンは抗酸化ビタミンと言われ、活性酸素の働きを抑制することがわかっています。

では。

やっと本題。

ビタミンCは体内に生じたフリーラジカルを消去する最も迅速な抗酸化ビタミンなのです。

だからといって、ただやたらにレモンを食べてみたり、ビタミンC入りの化粧品を使えばよいってものでもないのです。

そもそも、人間の皮膚というのは外部からの侵入者(化粧品に含まれている有効成分なども含む)をそう簡単に大切な細胞に達するまで入り込むことを許さない、とこのブログでも何度も書いてきました。

だからスキンケア商品なんてなんでもいいんだよ、と。そんなことは皮膚科の先生だって知っているはず。

ところがところが。

シミやニキビの治療などで皮膚科に行くと、高濃度ビタミンCローションを処方されたり、勧められたりするのはなぜだろう?

つまりはビタミンCはお肌に塗ってもそれなりの抗酸化力を発揮できるのです。

正確に言うと、発揮できるモノもある、ということかな。

なのでビタミンC入りのスキンケア化粧品を使う時はちゃんと効くのかどうかを調べてみる必要があります。

と、いうわけで今回私が使ってみようと思ったのがこの VC100ポアホワイトローション

100倍浸透型ビタミンC(APPS)と、ケミカルピーリングでお馴染のフルーツ酸(AHA)、さらにはビタミンCの172倍という強力な抗酸化力を持つフラーレン配合という、徹底的な活性酸素対抗力を持つ化粧水。

では実際にどのように100倍の浸透型ビタミンCが御肌によいことをしてくれるのか、は明日に続く。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment