美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

VOCE ベストコスメ2014 S/S 化粧品部門第2位 クリニーク イーブン ベター エッセンスローション徹底解剖!その②の続き

2014
10
VoCE (ヴォーチェ)の上半期のベストコスメ受賞コスメの徹底解剖シリーズ、まだ続きます。

前回の化粧水部門第2位の「クリニーク CLINIQUE イーブン ベター エッセンス ローション」徹底解剖 その②クリニーク独自の天然保湿因子のNMF複合体の全てシリーズの続きです。

クリニーク独自の天然保湿因子のNMF複合体とは、

スイカ果実エキス
ヒラマメ果実エキス
③キュウリ果実エキス
④PCAナトリウム

の4つ。

本日は③のキュウリ果実エキスについて

キュウリと言えば、70~80年代のトレンディドラマなどでキュウリパックするトレンディ女優の姿を見たことがある方もいるかもしれませんが、昔からお肌のためにキュウリパックをする、ということは実際にあったそうな。

美容大国の韓国では、KARAのメンバー、HARAがブログでキュウリパックをしている姿が公開されていたりもして、今でも普通に生の野菜や果物を使ったパックは行われている模様。

キュウリには、

・カリウム
・食物繊維
・カロチン
・ビタミンC

が含まれています。

だがしかし。

主成分の90%は水分だったりするので、ギネスブックには最も栄養価のない果物として登録されているらしい。

お肌に直接キュウリをのせてパックをした場合に得られる効果としたら、経皮吸収が可能であるビタミンCの美白や抗酸化効果でしょうね。

ビタミンCは水溶性なので、表皮の毛穴から多少は中に入っていくことができる・・・と思うけど、ビタミンCは熱や空気、アルカリなどで破壊されやすいので、長時間お肌にきゅうりをのせておくと、酸化したきゅうりをのせていることになってあまりお肌に良くないかも。化粧品などに入っているビタミンCは、安定型に変化させたビタミンCなので。

しかもきゅうりからビタミンCの美白効果を得ようとするのには一般的なコスメと比べたら気が遠くなりそうなほどの微々たる量なので、キュウリパックの主な効果は水分を利用したお肌を冷やす効果だと思われます。

「クリニーク CLINIQUE イーブン ベター エッセンス ローション」に入っているキュウリ果実エキスとは、キュウリの果実を圧搾して得た果汁、または果実を抽出して得られるエキスに濃グリセリンを加えたものだそうで、ビタミンCをはじめ多くのビタミン類、またリンゴ酸など有機酸、フラボノイドなどの成分を含んでいるらしい。
ビタミンCのもつ美白効果、有機酸のもつ収れん効果、高い保湿効果などがあり、乾燥から肌を守り、肌にうるおい・なめらかさ・艶・ハリを与え、キメを整え、抗炎症作用・消臭作用もあるとのこと。
(「化粧品知っとく情報館」より)

これが天然保湿因子NMF複合体の3つ目、キュウリ果実エキスの効果です。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment