美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

VOCE ベストコスメ2014 S/S 化粧品部門第2位 クリニーク イーブン ベター エッセンスローション徹底解剖!最終章

2014
11
VoCE (ヴォーチェ)の上半期のベストコスメ受賞コスメの徹底解剖シリーズ、化粧水部門第2位の「クリニーク CLINIQUE イーブン ベター エッセンス ローション」徹底解剖、いよいよ(?)最終章です。

この化粧水のセールスポイントは、お肌に本来備わっている天然の保湿成分であるNMFと同じ役割をするクリニーク独自のNMF複合体なるものを開発した点。

本日はクリニーク独自の下記4つの天然保湿因子のNMF複合体の最後、④PCAナトリウムについて、です。

スイカ果実エキス
ヒラマメ果実エキス
キュウリ果実エキス
④PCAナトリウム


PCAナトリウムとは、ピロリドンカルボン酸ナトリウムの水溶液、つまり、ピロリドンカルボン酸を水に溶かした状態のこと。

ピロリドンカルボン酸とは、お肌が本来持ち合わせている保湿成分NMFの中で12%の割合を占めている成分で、これを化学処理したものがPCAナトリウム。

化粧品としては、保湿剤、湿潤剤、保水剤、ヘアコンディショニング剤、アミノ酸誘導体として使われ、PCAナトリウム自体が水分を吸収するのでほかの保湿成分との併用で保湿効果が高まるのだそうです。


つまり、クリニーク独自の天然保湿因子NMF複合体は、

①スイカ果実エキスでお肌の抗酸化力を高め、
②ヒラマメ果実エキスでアミノ酸を本来の天然保湿因子へ補給し、
③キュウリ果実エキスで美白力、抗酸化力を高め、
④PCAナトリウムという天然の保湿因子と同じ成分で保湿効果をさらに高める。

という、お肌の表面の角質層が水分を保持するのを助ける成分がたっぷり入っているのです。

水分を失った角質は硬くなりカサカサします。

硬くなった角質に水分を与えると、ふやけてふくらみ柔らかくなります。これが潤いたっぷりのお肌の状態。

乾いたスポンジを想像してもらえるとわかりやすいかと。

乾いたスポンジが表皮の天然保湿因子(いわゆる水分)の少ないカサカサな乾燥肌。
そこに水のみを染み込ませると、最初は水分で湿ってもそのうち蒸発してしまうのでまた乾いちゃうけど、お水を湿らせた後に表面に油分で膜を作れば蒸発が防げるのでスポンジの湿っている時間も延びる。

これと同じようなことがお肌と化粧品の関係でも起こっているわけです。

クリニークのイーブン ベター エッセンス ローションは、染み込ませる水分と膜を作って蒸発を防ぐ油分としてお肌と同じ天然保湿因子(NMF)と同じような働きをする4つの成分を配合している、ということがポイント。

この化粧水を使った美のプロのコメントは、

「想像以上に素早くなじみ、手に吸い付くほど肌がしっとり、もっちり」

「肌にボリュームがでるようなうるおい!」

という褒めっぷりです。(Voce 8月号より)

というわけで、

雑誌VoCE (ヴォーチェ)の上半期のベストコスメ化粧品部門第2位の化粧水についての独自の分析でした。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment