美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

目元への培養皮膚治療 もう1cc注入します。

2014
14
目元への培養ヒフ治療を行ってから3ヵ月。

先日のRDクリニックでの3ヵ月検診では、まぶたの窪みの直径が小さくなったことは認められたものの、ほうれい線や頬のこけへの注入時に比べたら3ヵ月後の反応がどうも少ないような・・・

それもそのはず。

目元へは1ccしか培養皮膚を注入していなかったのです。

RDクリニックのお勧めは1部位に2回。

つまり、1ccづつ2回に分けて、合計2ccの注入が最も効果が現れやすい量なわけです。

だがしかし。

目元に限っては1ccで1回しかやってなかった。

もう1cc注入するのを忘れていたわけではなく、今まで(ホウレイ線頬のこけ)の経験から、効果が出るのが早くアッと言う間に満足行く結果になるので目元は1ccでも大丈夫でしょ、みたいなそんな感じだったわけです。

ところが。

効果は確実に出ているのだけど、個人的には今までの効果の出方のスピードと比べたら遅いところが気になるわけで、やっぱりもう1cc注入して、ちゃんとRDクリニックのお勧めする量の細胞をいれなきゃ、となったのでした。

1部位につき1cc×2回の注入量はちゃんと守った方がよい結果が得られる率が格段と高くなる、ということで納得。

と、いうわけで、目元にもう1cc注入することにしました。

ただ今RDクリニックにて細胞培養中です。

注入は再来週になりますクルクルメロディ


関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment