美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ついに日本で承認!国内初のまつ毛育毛剤が販売!

2014
22
ついに日本でもまつ毛育毛剤が厚労省に認可されたらしい。

発売は今月29日とか。

製品名は「グラッシュビスタ」といってアラガン・ジャパンが販売。
今年の3月、日本初のまつ毛貧毛症治療薬として、厚生労働省から製造販売承認を受けたのだって。つまり、日本でも堂々と薬用のまつ毛育毛を購入できるようになったというわけ。

成分は緑内障の点眼薬と同じでるビマトプロストの0.03%。

アラガンといえば、4年ほど前からまつ毛育毛をしている私にとってはお馴染の社名。

そもそも、緑内障の点眼薬を使っている人のまつ毛がふさふさなことに着目してまつ毛育毛用としてラティース/ラティッセ(Latisse)0.03%という製品をアメリカで販売したのがアラガン社です。

今までは厚労省の認可を取っていなかったので、ラティースを入手するには限られた美容クリニックとかで販売されているものを買うか、個人輸入、通販などでしか手段がなかったわけだけど、今後は正式に認可されたわけなので取り扱う医院が多くなって、入手しやすくなることは確実。

今まではラティースは約2ヶ月分で1万8000円~2万5000円くらいと販売しているクリニックによってお値段に差がありました。
今回承認されて販売されることになる「グラッシュビスタ」も自由診療なので値段の幅はあるものの、70日分が1万~数万円で販売されることになるらしい。

数万円っていくらだろ?

ってのがちょっと気になるけど、1万円で販売してくれる医院があったらかなり安い。

アメリカで販売されているラティースはアラガン社の緑内障の点眼薬「ルミガンソルーション (Lumigan Ophthalmic Solution)0.03%」と中身は同じ、パッケージを変えてまつ毛に薬を付けるための専用のアプリケーター(ブラシ)をセットにして販売しているだけ。

日本でもおそらく同じではないかと。

そして緑内障の点眼薬「ルミガンソルーション 」は医薬品の個人輸入にて購入でき、お値段は約2500円程度。

私が利用している医薬品個人輸入代行の彩香では、まつ毛育毛用として緑内障の点眼薬ルミガン と一緒に使えるようなブラシ(アプリケーター)とセットで販売していたり、アプリケーターだけ販売していたりと便利。
アプリケーターだけだと1袋40本で約550円。これまた安い。

そんなわけで、とうとう日本にも薬用のまつ毛育毛剤が認可して販売されるようになるわけで、つけまつ毛ブームでひと儲けした人にとっては逆風かな??

私はなんといっても自まつ毛が長いのが一番だと思うので、断然まつ毛育毛剤の利用をお勧めします。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment