美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

トレチノインと美白美容液との組み合わせ

2014
02
日焼け後のスペシャルケアとして始めたトレチノインハイドロキノンでのスキンケア。

久々なのに、どうもトレチノインでのお肌の反応がいまいち。

開封してある使いかけのトレチノインを使っているからだと思うけど、在庫がもうないので新しいトレチノインジェルの0.1%を注文しました。

これでも反応が悪かったら、お肌に耐性ができていることになるので、再びもうしばらくお休みするか、超強力トレチノインの0.4%を使うか、だな。。。

さて。

本日はご質問をいただきましたので、お返事デス。

現在、道子様のアドバイスとおり、期間を決めてトレチノインハイドロキノンを使っています。
それ以外は資生堂のhakuなどの美白美容液を使っているのですが、以前、ルミキシルとトレチノインの組み合わせもアリだと仰っていられましたが、例えば、hakuなどの国内で販売されている美白美容液との組み合わせもアリなのでしょうか?
ルミキシルハイドロキノンの様に大きな効果は得られないだろうなとは思いますが、道子様の見解をお教え頂ければ幸いです。


いつもコメント&読んで頂いてありがとうございますありがとう1

トレチノインと美白剤との組み合わせについて。

私の個人的な考えですが、国内で販売されている美白美容液との組み合わせは、アリ だと思います。

思うに、美白剤と言われるものならなんでもいいのではないかと。

私が愛用しているルミキシルハイドロキノンにも、”できてしまったシミ”を薄くしたり消したりする効果はありません。

できることは、今後新しいシミができないように予防すること。

できてしまったシミや色素沈着してしまった皮膚は、とっとと垢になってもらって剥がれ落ちてもらうしかなく、その手助けをするのがトレチノイン。

トレチノインと美白剤と併用する理由は主に二つあって、

①同じ部位に新たな色素沈着を防ぐこと
②トレチノインによって起こる可能性のある炎症後の色素沈着を防ぐこと

なので、メラニン生成を妨げる作用のある美白成分が含まれている美白美容液を使うのであれば何でもよいのでは?と思います。

美白系の化粧品の中には、ターンオーバーを促進してくすみをとって、お肌に透明感を出すタイプのものもあると思うのだけど、そちらのタイプでないほうがよいですよね。

美白に関して言えば、できてしまったメラニンをとっとと排出し、新しくシミを作らない。

これに限ります。

これしかないです。

美白美容液のほかに、ビタミンCローションなども併用するとさらに効果がアップするみたいなので、お勧めですョ。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment