美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

培養ヒフ治療 BeforeとAfter

2014
15
最近は、以前にもまして顔の調子がいい。

肌の調子ではなく、顔の調子がよいということは、

①ホウレイ線が目立たない
②フェイスラインのデコボコが無くなってすっきりとしたフェイスラインになった。
③まぶたのたるみが改善されて、目元がスッキリした。
④おでこのシワも気にならない。
⑤特に気になる毛穴の開きもない。

と、このような要素がすべて「顔」というひとつび場所に集約されたので、Totalで感じるのは「顔の調子がいい」ということなのだろうと。

みるみるうちに若返った

とか、

あっという間にシワが消えた!!

とか、そんなうさんくさい話ではありません。

1年に1ヶ所のRDクリニックにでの培養ヒフ治療によって、徐々にホウレイ線が目立たなくなり、フェイスラインの弛みによってデコボコとした陰影が顔から消え、たるみ始めたまぶたがスッキリしたわけで。

この間約3年かかりました。

というか、最初から全顔の培養ヒフ治療を行っていれば1年以内に同じような効果が得られたのだけど、それはいろいろと必要経費がかさむので・・・

でも、私にとっては1年に1度の治療でもあっとい間に感じているので、それはそれでよかったのだと思います。

最近特に感じている「顔の調子がよい」というのは、ちゃんと目で見て確認できるのかどうか、培養ヒフ治療を行う前の顔と今の顔とを比較してみたところ・・・
2013-2014hikaku.jpg

ちゃんと効果が見えてました。

上がBeforeで培養ヒフ治療を行う前です。ナチュラルな状態。
下がAfterでホウレイ線・頬のこけ・目の周りの3か所の培養ヒフ治療を行った後の現在の顔。

やっぱり2年前のほうが老けている・・・

まず、ほうれい線です。
Beforeに比べてAfterはホウレイ線が薄く目立たない。これでも、ホウレイ線への培養ヒフ治療を行ってから1年半が経過しています。まだまだ大丈夫。

お次にほっぺた全体の波打ったようなデコボコ感に注目。
明らかにフェイスラインの凹みが目立たなくなり、スッキリとした横顔に。
これって顔の重心もちょっと上に上がっています。

そんで最後は目の下に注目。
現在目の周りへの培養ヒフ治療を行って半年が経過。
涙袋縮小中デス。

2年前と比べて、今の方が断然よいと改めて実感。

この年齢(アラフォー)での2年というのは一気に老けこむ時期なので非常に重要です。

一度老けたな~という印象を与えてしまうと、そう簡単には復活できません。
そう思われる前に手を打っておくのが理想。

来年はどこを治療しようかな・・・

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/14 (Sun) 21:28 | EDIT | REPLY |   

Add your comment