美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

肌がツルツルになった原因

2014
21
アラフォーになり、髪の毛のコシやツヤが無くなってくると髪型がどうも決まらなくなってくる。

そうなるとなんだか抜け毛も気になってくる。

と、いうわけで、抜け毛対策に絶対の自信を誇るのが生甘酒を飲むこと。

生、というのは高温で殺菌していない賞味期限の短いタイプの甘酒のこと。

つまり、ヨーグルトや納豆、キムチと同じで放っておくと発酵が進んでしまうのが生甘酒。

抜け毛が気になって髪の毛にコシが無くなったと言う徳島に住む友人に生甘酒を飲むことを勧めたら、抜け毛も減ったけど、それ以上に顔がツルツルになったという報告が。

私は今まで生甘酒を飲んでいて抜け毛にばかり気を取られていて肌に関する変化を感じたことがなかったけど、そういわれてみれば確かに見た目がツルっとしている。ような気もする。

友人曰く、顔を洗っていると顔がツルツルして手が滑るような感じ、だという。

その肌触りと生甘酒とはどのような関係があるのだろう??

生甘酒はお米と麹菌でできています。

お米は炭水化物が主成分でタンパク質も含まれている。

炭水化物は体内でブドウ糖→グルコースへと分解され主に脳の活動のエネルギー源になります。
タンパク質は体内でアミノ酸へと分解され、細胞新生のための材料となります。

麹菌は炭水化物を消化して糖分に分解するアミラーゼ、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼ等の三大消化酵素と呼ばれる酵素を豊富に含んでいます。

そして。

お肌のハリや弾力を保つために重要な働きをするコラーゲンやヒアルロン酸。
これらは表皮の奥の真皮細胞が作りだしているタンパク質と糖質の一種なのです。

と、いうことはつまり、

生甘酒を飲むと、米からタンパク質と炭水化物(糖質)を摂取することができ、さらに生きた麹菌のもつ三大消化酵素によって体内で素早く分解され、より吸収率が高くなる、ということかな?

肌の細胞が必要とする糖質や炭水化物は、人体にとっての優先順位は低め。

なぜなら、お肌がシワシワになっても、乾燥しても命には別条ないからです。

化粧品に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸は表皮の奥の細胞にまでは届きません。
なのでいくら高級な化粧品を使ったところで細胞に変化なし。
よってタンパク質も糖質も食べ物から栄養素として摂取しなければお肌の調子はよくならない。

よほど偏った食生活をしなければ現代において栄養不足になることはないらしいけど、プラスで生甘酒を飲んで効率よく肌細胞にとって必須栄養素を摂ってあげることで、お肌に何かしらの変化が出てもおかしくはないよね?

肌がつるつるになるっ時って、私の場合はトレチノインジェルを使って古い角質を取り去った時。
この時は手触りも見た目もツルツルします。

友人の言う顔がツルツルっていうのがこの場合と同じような感じだとすると、考えられることは、

細胞に充分な栄養素がいきわたる

細胞の動きが活発になる=細胞分裂の促進

お肌のターンオーバー(生まれ変わり)の促進

古い角質が取り去られ、新しい表皮になる

顔がツルツルする

ってことでしょうか。

こればかりは、今後の友人からの何かしらの変化のお知らせなどを待ってみないとわかりませんね。。。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment