美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

トレチノインと培養ヒフ治療

2014
22
どーもこんにちは
美女道子です。

先週の土曜日の迷いビーグル犬騒動の件で、心配してコメント下さいました皆様、ありがとうございました。
怪我も大したことは無く、アザも落ち着いてきたのでもう大丈夫です

さて。

本日は培養ヒフ治療とトレチノインとの併用について、ご質問いただきましたのでお返事を・・・

道子様の影響をかなーーーーーり受けて、色々と自分なりに試行錯誤中です。
で、今回RDクリニックにて治療を決めました!
そこで質問です。細胞注入した後の、トレチノイン塗布について。トレチで肌のターンオーバーを促す際に折角注入した細胞まで外に追いやるってなワケではないですよね?あくまで代謝を上げるみたいな考えでされているのか・・
このトレチ&細胞注入の関係をどうお考えでしょうか?
あくまでも道子様のお考えという事でお聞かせ頂ければと思います。



なかなか・・・
興味深いご質問です。

まずはトレチノインの作用についてなのですが、トレチノインは、

・表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促す→角質がはがれる。
・皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑える。
・真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善をもたらす。

などなどの素晴らしい効果があるわけなのですけれど、トレチノインを塗って数日すると顔の皮が剥けてきますよね?
これはつまり角質が取れているわけで、つまりは顔の垢です。
お肌のターンオーバーが活発に行われているから起こる現象なのですが、この顔の垢(角質)、何でできているか、というと、肌の細胞の抜け殻です。
肌の構造reviced
上図のように、肌の細胞と言っても様々な種類があるわけで。

トレチノインが作用するのは主に表皮の一番下、基底層にある角化細胞(基底細胞)です。
角化細胞は細胞分裂を繰り返し、分裂した片割れが一つ上の層である有棘層へと移動します。有棘層で有棘細胞となり、一つ上の顆粒層へと移動、最終的には一番上の角質層へと移動して角質細胞になるわけですが、分裂した角化細胞が有棘層へ行き、有棘層から顆粒層へと移動するのに何が必要かと言うと、基底層での分裂が必要なのです。

分裂すると一つが二つになりますよね?

絶対数が増えるわけなのでそのまま基底層に居続けたら基底層が角化細胞で破裂してしまうかもしれない。

そこで増えた分だけ一つ上の有棘層へと移動して居場所を確保。

ところが角化細胞は細胞が死滅するまで分裂し続けるので、下からどんどん新しく分裂して生まれた細胞が押し寄せてきます。
すると古い細胞から順にもう一つ上へと居場所を求めて移動します。
そして最終的に細胞の心臓ともいえる核(上の図の茶色い丸)を失い、角質層で垢となって体外に排出されるのが角化細胞の運命。
そうしないと増えるだけになってしまうのでバランスが取れない。

つまり、トレチノインの作用のひとつである、「表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促す→角質がはがれる。」というのは表皮の基底層にある角化細胞の抜け殻のことなわけですね。

では。

RDクリニックにて行う培養ヒフ治療はどの細胞か、というと、
真皮にある繊維芽細胞です。
上の図でいうと紫色の細胞。
繊維芽細胞は、お肌の土台であり、お肌のハリや弾力を保つために必須であるコラーゲンやエラスチンを作り出す大切な細胞。
年齢を重ねると細胞も自然と寿命を迎えるので数が減るし、紫外線などの外的要因でも損傷を受けて機能が低下したり死滅してしまうため、コラーゲンやエラスチンなどを作り出せる量も必然的に減ってしまう。

RDクリニックの培養皮膚治療というのは、老化現象の根本である、真皮にある線維芽細胞を人工的に増やしてしまうことで、エラスチンやコラーゲンを作り出す機能がアップし、結果としてシワや弛みが解消される、というものなのですね。

よって注入する細胞と言うのは真皮にある繊維芽細胞のことで、当然注入場所は真皮です。

トレチノインが分裂を促すのは表皮にある角化細胞なので、真皮の線維芽細胞には影響ないのでトレチノインとの併用も問題ありません。

ただ、注入直後はあまり刺激を与えない方がいいと思うので、RDクリニックの先生に相談してみてくださいネ。

私も注入後しばらくはエステやレーザーなどは控えるように言われました。

ちなみに、ケミカルピーリングもトレチノインと同じように顔の皮が剥けるけど、ケミカルピーリングの場合は酸の力で表皮の角質細胞を無理やり溶かして皮をはぎとるようなイメージです。
自然と下から押し上げられることによって剥がれるトレチノインの作用とは違うのでお肌への負担も大きいのです。

培養ヒフ治療で真皮の線維芽細胞を増やしただけなのに、得られる効果は大きいので治療後が楽しみですネ!

また何かわからないことがありましたらいつでもご質問お待ちしています。





関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

チコ  

はじめまして!

何を検索して貴ブログにたどり着いたのか分からなくなってしまうくらいこの1週間、熟読しています。
刺激的で感動です!
美女さまみたいに綺麗になりたいなぁ・・!
しかしビビリと子持ちの都合で先ずは彩香さんのケアプロストと目薬をバナーから細々買いに行くところからスタートです。
舅が正に緑内障の目薬でフサフサ&パンダ的黒々なのでこれすら二の足踏み気味です。
これからも応援してます。

2014/10/23 (Thu) 15:38 | EDIT | REPLY |   

Add your comment