美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ミヤネ屋で不老不死

2014
23
ミヤネ屋、見ましたか?

自宅での男性モデルとの不倫密会をを元旦那に目撃され、芸能活動を休止していた元モーニング娘。の矢口真理が、1年5カ月ぶりに公の場に姿を現し・・・・


ではなく。

昨日のミヤネ屋です。

昨日のミヤネ屋で、先日ブログでも取り上げたコーセーのiPS細胞で67歳→36歳への若返り成功の実験を受けて「不老不死」特集が組まれ、そこになんと、私が培養ヒフ治療を行っているRDクリニック代表の北條先生がゲスト解説者みたいな感じで出演されてました。

どうでもいい情報だけど、宮根さんと北條先生は同じ年らしい。

当然、自身でも培養ヒフ治療を行っている北條先生と宮根さんを比べると、今までは年令よりも若く見えると思っていた宮根さんの顔のシワは彫りが深くて北條先生のほうが若々しい印象。
同じくコメンテーター出演の梅沢登美夫も美容整形でこれだけのこと(北條先生のようなお肌)になるには100万円どころではない!ぜひやってもらいたい!とのことだけど、あそこまで顔全体が弛んでる場合、どうなんだろう?とか勝手に思ってみたり。
今から梅沢登美夫の細胞を培養しても、細胞自体が既に高齢化してるだろうし。
効果はあるだろうけど、一体どれくらい効果が出るのかが、個人的には興味あり。

やはり後で後悔しないように、細胞だけでも若いうちに保存しておくのがよいよね。


i PS細胞は細胞をリセットさせる技術。
細胞は分裂を繰り返しています。
そして細胞の中にある染色体の末端に存在しているテロメアなるものが、分裂を重ねるごとに短くなり、これ以上短くできましぇーん、となると分裂しなくなる。
つまり、細胞の死を表します。

大人と子供の細胞を見比べた時、テロメアが長いのが子供、テロメアが短いのが大人、というわけ。

コーセーの実験では、同じ人の36歳の細胞と67歳の細胞をi PS技術で初期化したら、二つの細胞のテロメアが36歳の細胞と同じさ長になった、というもの。

私が本当に知りたいのは、67歳の細胞のみをi PS細胞にした場合、赤ちゃんと同じレベルでテロメアが再生されるのか?なんだけど、この点については詳しくは言及されてませんでした。

今度RDクリニックへ検診に行った時に聞いてみよう。

いずれにしろ、本日RDクリニックのHPを見てみたら、昨日のミヤネ屋放送直後はHPのサーバーがダウン、問い合わせの電話も繋がらない状態だったようです。

これから治療やら無料カウンセリングやらで混むんだろうな~。

予約が取りにくくなってしまうぜょ。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment