美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

顔の弛みを解消する手術で痛み・・・美容外科を提訴

2014
31
数日前からヤーニュースのトピックスでちょいちょい現れるこのニュース。

 品川美容外科などで顔のたるみを解消する手術を受けた女性ら40人が30日、手術について十分な説明がなく、手術後も顔に痛みが残ったなどとして、運営する医療法人「翔友会」(東京)に計約8800万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。品川美容外科を巡る集団訴訟は3例目。提訴したのは20~60歳代の関東地方在住の女性ら。訴状では、品川美容外科や品川スキンクリニックで2012年7月~14年5月、特殊な糸を使って皮膚のたるみを解消する「フェイスリフト術」を受け、痛みや脱毛などの合併症が生じたと主張。勧誘が強引なうえ、効果が限定的であることや合併症についての説明が事前になく、手術後も顔の痛みなど健康被害が生じたとしている。(読売新聞)



確か今年の4月と9月にも同じように「フェイスリフト」で訴えられていたような・・・

「フェイスリフト」とは、顔のたるみを全体的に取り除く施術のこと。

その方法は美容外科によっていろいろやり方があるみたいで、簡単に言うと、切るタイプか切らないタイプの二つかな?

切るタイプは、皮膚の一部を切り取り、耳の後ろとか、髪の生え際などの目立たないところで引っ張り上げて縫い、物理的に弛んだ皮膚を切除する方法のこと。

切らないタイプは、とげとげした糸をたるんだ皮膚や軟部組織に通してその糸を吊り上げることで、シワやタルミを改善する方法。この糸は8ヶ月~12ヶ月で体内に吸収されて無くなってしまうんだけど、糸のとげとげで皮膚組織が傷つけられたことによってその周囲で細胞が傷を治そうと活発にコラーゲンを生成することでお肌にハリを取り戻すこともでき、糸が吸収されてしまっても大丈夫というもの。
こんなイメージ↓(図:アサミ美容外科より)
000039.jpg

今回集団提訴されているのは「特殊な糸を使って」とあるので切らないタイプらしい。

手術後の痛み、糸を入れる部分はおそらく目立たない耳の後ろとか髪の生え際とかだろうから、その部分の髪が抜けてしまったとか、効果が限定的だとか、そうゆうことを事前に充分な説明がなかったといった内容の訴え。

実際に皮膚や脂肪を切除する場合はそれなりの覚悟とやらができているんだろうけど、「切らない」と言われているフェイスリフトなので気分的にはちょっとしたプチ整形のような仕事帰りに手軽にできてダウンタイムもありません♪みたいな軽い気持ちで行った人が多いのかもね?

フェイスリフトの症例写真が載っている美容外科クリニックがあったので見てみたけど、Beforeの写真はフェイスラインが弛んで波打っていて、ほうれい線がくっきりしていて頬がこけて・・・ってまるで以前の私の悩みどころとポイントが一致。

そんでフェイスリフト後にはホウレイ線が目立たなくなりフェイスラインの波打ちが無くなって顔がすっきりとしている。

フェイスリフトで効果が出た後のAfter写真ってなんだか私の培養ヒフ治療での効果の出方と同じなんだけど。

だがしかし。

フェイスリフトの場合は頬のこけは健在でした。
もちろん、輪郭の形や頬のこけ具合には個人差はあるけど、フェイスリフトでは頬のこけは改善できないみたい。基本は伸ばして引っ張る施術。

と、なると当然まぶたの窪みとかも無理だよね?

お値段も美容外科によって様々だけど、本格的に切って釣り上げて縫うタイプフェイスリフトだと90~120万とか。

切らないタイプだと入れる糸の本数で値段が変わるみたいだけど、大体1本3万くらいでからで6本セットとか、両頬12本セットとか、なんだかどんだけ顔に糸入れるんじゃというくらいのセット料金を打ち出している所もあってちょっとびっくり。

フェイスラインの波打ったような弛みとホウレイ線を改善させるために両頬に糸を3本づつ入れたとしても、その後の痛みや合併症、脱毛などが発生したらせっかくシワやたるみが改善されても表情がイキイキしないだろうし、痛みで眉間にしわが増えたりして。

にもかかわらず、頬のこけは改善されず、、、なら、RDクリニックで培養ヒフ治療やったほうが安いよね。

見たところ効果の出方は同じような感じだし、リスクもかなり少ないし、なんといっても培養ヒフ治療のほうダウンタイムも短いし部位によってはアイメイクを落とさなくてもよいというお手軽感。

にもかかわらず、効果はばっちり(もちろん個人差があるけれど)、シワもたるみもたるみ頬のこけも毛穴の開きも改善できて、細胞が増えたことによるコラーゲン生成能力も必然的にアップ。
お肌の質感だって変わります。

自分の細胞元来あるべき場所に入れているだけなので、

「ワタクシ、シワを伸ばすために頬に糸を6本入れてマスの。オホホホホホオ~」

みたいなこともありません。

別にレントゲンとっても何も写らないし至って自然。

まぶたなどのきわどい場所も最も安全に若返り出来る方法ではないでしょうか。

RDクリニックの宣伝みたいになってしまった。

でもシワやたるみを改善させる、という同じ目的であるならば自分の細胞を使った若返り法が実際にあるわけなので、利用すべきだよね。

金額もほとんど変わらないし。

とにかく、「しわやたるみ」以外にもたらされる美肌効果が大きいのが培養ヒフ治療の特徴だと思います。

他の美容法ではここまで様々な効果が得られる方法はない・・・・と思います。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment