美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

肌への刺激とトレチノイン

2014
25
確かにそう思われても仕方ないかな~というコメントをいただきました。

なんだか最近、角質培養的な、
肌に刺激は大敵!とかお肌を保護する方向性にいっていますが、
そちらとは真逆なトレチノインれんげを実践してらっしゃいます。
顔を洗う事に、無駄な刺激がないよう、角質を傷つけないよう気をつけて、その後トレチノインやらサリチル酸のれんげやらで角質ひっぺがしのお肌刺激しまくりは大丈夫なのでしょうか。
素朴な疑問点でした。



とはいえ、美容に対する考え方は全く変わらず。

とにかく確実に効果がでて、安くて早いて簡単でお金がかからない方法が好き。

美容に時間をかけたくないのです。

毎日のケアとか、めんどくさいのは苦手。

今までの美容法と現在と、特に変わったことはないのだけど、変わったことがあるとしたら、

培養ヒフ治療が新たに加わり、セルフダーマローラーをやらなくなったことくらい。

ご指摘のトレチノインが角質ひっぺがしアイテムというのが私との認識の違いでしょうか。

むかーしの記事「ケミカルピーリングとトレチノインは違うんです」でも書きましたケド、角質ひっぺがしを行うのはケミカルピーリング。
ケミピーは薬剤によってターンオーバーの予定よりも早く表皮をはぎ取ることによって、真皮上層に炎症反応を引き起こしひ、皮膚の防衛機能を利用して新しい表皮を再生させる方法。

一方、トレチノインは角化細胞の増殖促進作用があるので、角化細胞が増殖すると、どんどん上へ上へと押し上げられていって古い角質がとれ、新しい角質ができるというターンオーバーが促進され、これが、トレチノインを塗った時に皮が剥ける症状。

トレチノインを塗ると顔の皮が剥けるけど、別に角質をひっぺがしているわけではないのです。

それでも炎症によって顔が赤くなったりするし、場合によっては炎症後色素沈着とやらでシミになったりすることもあるらしいので、お肌に優しくはないという考え方もあるでしょうね。
でも別に、私は肌に優しく低刺激、無添加、オーガニック大好きってなわけではないし、別にお肌がきれいになるならなんでもいいのです。

なのでトレチノインの美肌効果に期待してこれからも使い続けます。

れんげ化粧水に関しては、もう長いこと使い続けているので最初に使い始めた時のちょっとピリピリする感じとかすっかり無くなってしまったので刺激が強い化粧水とは思ってないのです。

確かにサリチル酸というケミカルピーリングの成分が入っているけど、化粧品に含まれるサリチル酸などごくわずか。私にとっては入っていないのと同じ。

れんげ化粧水はその使用方法が特殊で、

・石鹸を使わない
・洗顔はれんげ化粧水をたっぷりつけてから行う。
・ファンデーションを塗らない
・れんげを一日に何度もつける。
・れんげを顔につけるときは指の腹でやさしくポンポンと化粧水をお肌に置くようにし、絶対にこすったり叩いたりしない。

とか、こんな感じ。

この使い方、何がよいのかと言うと、全ては乾燥対策なんだと思うんです。

石鹸を使わないのは、石けんに含まれる界面活性剤が皮脂をも奪い取ってしまうことで肌が乾燥してしまうから。
ファンデーションを塗らないってのは、クレンジングや石鹸を使わないためだと思われる。
れんげを一日に何度も顔に付けるのは、乾燥対策と、もしかしたらサリチル酸のピーリング効果もあるのかも。
れんげを付ける時には指の腹で優しくポンポンと押さえるようにするっていうのは、表皮と真皮の間に位置している色素細胞を刺激しないように、ではないかと思っています。

色素細胞は、言わずと知れたメラニンを作り出す細胞。

色素細胞は紫外線などに反応してメラニン色素を作り出し、作り出されたメラニン色素は約28日の周期で表皮の角質細胞と共に剥がれ落ちていく。
だからシミは放っておけば消える、とお医者さんは言うのです。

メラニン色素が出来上がって、垢となって排出されるまでの周期は約28日。
ところが、過度に紫外線を浴びたり、肌に強い刺激を与えると、メラニン色素が対外へ排出される周期が乱れてしまう。
その結果、放っておいても消えないシミになる、というわけ。

つまり、れんげ化粧水を付ける時に、肌に刺激を与えないように優しく優しく・・というのはメラニン色素の排出を妨げないためなのではないかと思うのです。

そうすれば、シミはできても放っておけば消えるわけで、シミのないきれなお肌になることもできる。

肌を強くこすったり刺激をなるべく与えないようにするのには、シミとも関係があるのです。

と、このような肌細胞の仕組みについて、以下の2冊の本をがっつりと読んで知識を深めているので最近は特に肌に優しく~的な発言が多いかもしれませんが、基本は何も変わっておらず、できれば楽をして綺麗になりたい。
ただそれだけです。


美肌になるたには肌の構造を知るべし。な本を読むべし。

保湿とUVケアだけが美肌を作る
妻の化粧品はなぜ効果がないのか




関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment