美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

【2年10ヶ月後】まだまだ効果継続中!最近のホウレイ線

2015
14
初めてRDクリニックにて培養ヒフ治療を行ったのは、2012年の2月(だったはず)。

今は2015年の1月。

つまり、もうすぐ丸3年経つわけです。

その間、頬のこけと目元にも治療を追加で行ったけど、ほうれい線は放置プレー。

今のところ鏡を見てもホウレイ線が目につくとか、なんだか顔が老けてきたな・・・と感じるようなことは無いので大丈夫だとは思うけど念のためどの程度なのか写真を撮って比較してみました。

2y10monthafter_20150114142822d8c.jpg

うん。

まだ全然大丈夫。

やはり、一番ホウレイ線付近の皮膚がパーンとしているのは1年後?のような感じだけど、2年10ヶ月が経過した現在も、Beforeのような小鼻の脇が凹んでいるようなこともなく、ほうれい線が目立つこともなく、治療の効果はまだまだ健在でした。

培養ヒフ治療は真皮の線維芽細胞の数自体を増やしているわけなので、繊維芽細胞が紫外線などで損傷を受けて死滅してしまったりなど、細胞の負担になるようなことがない限り、寿命がくるまで働き続けてくれるはず。

その間は再びホウレイ線で悩むことはないはず。

ほうれい線が改善されたのと同時に小鼻の毛穴の開きも改善されたのだけど、小鼻の毛穴が目立ってきたこともなく、相変わらずノーファンデで過ごすことができています。

せっかく大金はたいて培養ヒフ治療を行っているのだから、1年とかで効果が消えてしまってもう一度やらなくてはならなかったりしたらこんなに培養ヒフ治療にハマらないのだけど、約3年経過してもまだまだ効果は持続中だし、シワだけでなく毛穴も肌質も同時に改善されるのでクセになる。

約3年後のホウレイ線、まだまだ効果は継続中です。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment