美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

痩せたのに頬が・・・

2015
30
最近の体重はこの2~3年間では一番軽く、去年の今頃と比べて約2キロ減。

それもこれも、考えられる理由はおそらくホットヨガなのだけど。

基本的に万年ダイエッターなので食事に関しては食べ過ぎないようにして、夕飯時にはご飯の量を減らしているけれど、その分食後のアイスは毎日食べるし、間食も毎日。
つまり食事制限を積極的にしているというわけではないし、普通に食べて飲んで、おかしも食べている。
のにホットヨガに通っているとちょっとずつ痩せていく。

横腹に腹筋の筋が出てきたし、筋肉がついて代謝の良いカラダになったのだろう。

今までにも現在と同じくらい・・・もうちょっと軽い体重になったことが1度だけあって、つまり今の体重が大人になってから過去2番目に軽い体重なんだけど、その時は顔がみるみるうちに痩せていったので自分でも痩せたという実感があった。

でも今回の体重の減少に、顔痩せが伴わないのであまり実感がなく、体重を測って「えぇっ」ってなる。

今までのように顔から痩せてこないので目安は腹の引っ込み具合とかで痩せたかどうか判断してみたり。

顔から痩せる時って、まず頬がすっきりして、そして目も腫れぼったさがなくなりスッキリと大きくなる。

でも今は培養ヒフ治療で目元の治療を行ったのでまぶたのたるみが改善されていつでも目元スッキリ。

そして勝手な想像ですが、今回の体重減で顔にほとんど痩せた影響が出てこないのは、頬のこけ具合が影響しているのでは、と思うわけです。

頬のこけを改善するために培養ヒフ治療を行ってから、間もなく丸2年。

治療を行う前の頬周辺はこんな風↓に頬骨付近に陰影が出ていて、デコボコとしたフェイスラインだった。
IMG_0250 (2)

このデコボコフェイスラインが痩せるともうちょっと強調されて、今まではただ単に「痩せて頬の肉が取れたから骨が出てきたわ♪」的にしか思ってなかったけど、それ以前にまずはたるみでフェイスラインが崩れて頬がこけてきているのにプラスして痩せたことによるさらなる頬骨の強調で、4つ上の姉よりも老けて見えると言われたのです。

本人的には「そんなことない」と思って気にしてなかったけど。

今、当時と同じくらいの体重になったにもかかわらず顔がこけてこないと言うことは、2年前に行ったフェイスライン付近の培養ヒフ治療のおかげなのではないかと、思うわけでして。

最近特に気にしていなかったけど、ちょうど2年ということもあり、Beforeと比較。
フェイスライン2年後比較

Beforeと1年後の写真の時よりも、今の方が体重が約1.5キロほど軽いです。

でも頬はこけてなく、フェイスラインもなんだかふっくらとしているように見える。

これぞ培養ヒフ治療。

2年後でもまだ効果は持続中。







関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment