美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

おでこのシワはなぜできる?

2015
04
引き続きおでこのシワについて、どうやったら改善できるのか研究中。

素朴な疑問だけど、おでこのシワってなんで1本ではなく数本が並列しているんだろう?

目尻のシワは笑った時などに目の周りの皮膚が引っ張られて、その後、肌の弾力低下によって元に戻ることができずにそのままになってしまった結果できるのは理解できる。

ただ、おでこのシワってそんなに普段から眉毛の上げ下げとか、おでこの筋肉を動かしているものなのか、疑問。

まぶたを持ち上げる筋力が弱くなって目が開けにくくなっしまう眼瞼下垂という病気があるけど、たるみによってまぶたが垂れてきて重くなると、眼瞼下垂と同じように目が開けにくいからまぶたを持ち上げようとしてまゆげとかおでこの筋力を無意識に使うので、おでこにシワが入りやすくなってしまうのだそうだけど。

つまり、まぶたをおでこを使って持ち上げている、ということ。

まぶたが弛んできて重たくなってなくても、眉毛をよく動かす表情のクセや、上目使いで何かを見るクセのある場合にもおでこのシワができやすくなるそうな。

おでこにできるシワは、眉毛を動かす”前頭筋”という筋肉によって引き起こされるらしい。


(図:Make up lesson studio「顔の筋肉」より)
図の①が前頭筋。

左右から眉毛付近にまで伸びた大きな筋肉。
この図を見たら、なんでおでこにシワが数本、並列にできるのか納得。

この前頭筋の上に一枚の皮膚が被さって、左右の眉毛を持ち上げる前頭筋の動きに合わせて皮膚も動く。

左右の前頭筋は左右同時に同じ力で動くわけではなく、そそれぞれに作用して眉毛を持ち上げので、皮膚は持ち上げられる力の強い方により引っ張られることになるわけで、おでこの中央部分にできるシワの溝が深い傾向にあるのは前頭筋の動きによって左右に引っ張られた皮膚の”たわみ”が中心部分にできやすいからと考えると納得できる。

ボトックス注射でおでこのシワを対処する場合、この前頭筋を動かさないように麻痺させるのだって。

前頭筋が動かなければおでこの皮膚も筋肉に合わせて動くこともないから、シワもできにくくなる、というわけ。

と、いうわけで、おでこのシワは前頭筋に皮膚が引っ張られることでできる、ということでした。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment