美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

おでこのシワの原因 その①老化肌と若い肌

2015
05
最近ちょっとだけおでこのシワが気になる美女道子です美女道子

いや。

そもそも、ほうれい線へ培養ヒフ治療を行った3年前、おでこのしわかホウレイ線かどちらにしようか迷ったわけだから、3年前からおでこのシワが気になっていたことは確か。

ただ、培養ヒフ治療についてカウンセリングでいろいろと話を聞き、ヒアルロン酸注入のような、物理的に凹んだ部分を膨らませてシワを改善させる方法とは違い、細胞自体を増やすことで期待できる、目的以外の様々な副産物的な物を考慮した結果、優先順位としておでこのシワよりもホウレイ線を選んだのだっけ。

”副産物的な効果”というのは、

・毛穴の開きの改善
・肌質の改善

などなどです。

シワができるということは、肌の老化が始まっている=肌の細胞の減少もしくは機能の衰え が始まっているということ。

毛穴の開きもシワも弛みも、全ての根源は細胞の減少や機能の衰であるということで、初めて培養ヒフ治療を行った時は小鼻周辺の毛穴の開きも気になっていたこともあり、ほうれい線に決めたのだっけ。

だって、おでこの毛穴の開きとかは気にならない。

培養ヒフ治療の場合、シワやたるみの改善ももちろんだけど、私の場合、一石3鳥的な毛穴の開きの改善と肌質アップをも期待するので、おでこのシワだけとなると優先順位が低くなる。

そんなわけで見て見ぬふりしてきたおでこのシワ。

おでこ以外の目立つシワやたるみに培養ヒフ治療を行ってしまっただけあって、最終的にはやはりおでこのしわも気になり始めた。

これでも、目元へ培養ヒフ治療を行ったことにより、まぶたのたるみが改善されたので、目を開けるときにおでこの筋肉を動かさなくなったのか、以前よりもシワの目立ち具合は改善されてはいるのだけど、おでこにシワのない若い子と同じ鏡で顔を見てしまうという事態が発生し、ツルツルのおでこと比較してしまって急に気になり始めた。


さて。

おでこのシワがなぜできるのか、というと、ただ単に”皮膚の老化”です。

毛穴の開きもたるみもシワも、とにかく皮膚が老化していることでできるわけです。

若い子の肌が押してもすぐに元に戻ろうとする形状記憶なマシュマロだとすると、加齢によって衰え始めたお肌はがんもどき(←ちょっと例えがイマイチかも)のような感じ。

つまり、人差し指で押しても穴が開かずに指を押し戻してしまう弾力のあるマシュマロと、人差し指でつつくとぶすっと穴があいて元に戻れないがんもどき。

それが若い子のお肌と老化の進んだお肌の違い。

その原因について、は、また明日書きます。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment