美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

手作りカソーダへの道 脚の傷跡で実験2日目

2015
11
手作りカソーダでシミを取ろう!大作戦2日目。

昨晩はお風呂上がりにふくらはぎのシミ部分に手作りのカソーダをよーく擦りこませてみました。

爪楊枝でツンツンと傷をつけるようなことはしておらず、ただ塗るだけ。

そして二日目。

変化なし。

やっぱヤスリでちょっと擦ってからやったほうがいいのかな。

イボやホクロを取る専用のハーブでできたクリームのワート&モールバニッシュ(個人輸入のお店「彩香」で購入したほうが安い)も、最初にホクロやイボにヤスリをかけると書いてあるし。

でも、ホクロやイボにやすりって・・・

想像するだけで痛いんですけど。。。

そんな中、ただカソーダを今実践中だという読者様から、新たな情報を頂きました(^^♪

腕は2〜3日で赤み、かゆみがでましたが 足はかなり反応遅かったです。(ほくろだからかな…)
2週間してやっとかさぶたになったので キレイに取れてくれるか…
ちなみに朝晩2回つけてました。
顔の小さなほくろにも付けたんですが 赤みとかゆみで不安になり、すぐやめました。



とのこと。

貴重な情報ありがとうございます。

やっぱり、ボディは反応遅いんだね。

表皮の角質層はカラダを守るためにある卵の殻のような存在で、顔よりもボディのほうが角質層は厚いため、トレチノインなどの反応も遅いのが一般的。

と、いうことなので、気長にやりますか・・・

ただ、朝晩の2回ってちょっとメンドクサイんだよね。

クリームなら塗るだけだから別にいいんだけど、ジャリジャリとした粉状の重曹にオイル混ぜただけのものだから、肌にスーっとなじまないし、重曹が床にこぼれるのでこぼれないように足を平行を保ったまま絆創膏を貼るのって案外大変なんだけども。

でも、皮膚科に通ってレーザーで取ったりすることを思えば安上がりだし、しょうがないか。

と、いうわけで2日目のふくらはぎのシミには変化なしです。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

おぅちゃん  

ホントに消えたら嬉しいですよね^^

こんばんは。
おぅちゃんと申します。

私も腰の所に大きな薬疹の跡が
浅黒いシミになって残っています(T T)

皮膚科医からは
これ綺麗に消えないからね・・・と

消せるものなら消したいです。

こんな方法があるなんて
知りませんでした。
消えるか?どうか?
スゴク興味があります。

今後も立ち寄らせて頂きますね(^_-)-☆

2015/03/11 (Wed) 23:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment