美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

手作りカソーダへの道 脚の傷跡にスクラッチして実験3日目

2015
20
手作りカソーダ(ヒマシ油&重曹)でシミを取ってみようシリーズ3日目。

【カソーダチャレンジ中】
①ふくらはぎにある傷跡(全体図)。
IMG_2040.jpg

②横腹(おへその横付近)にあるちょっと大きめの若干隆起しているホクロ
IMG_2035.jpg


【手作りカソーダ】
割合は、ひまし油(カスターオイル) : 重曹 が、1 : 2 です。

【使用方法】
毎晩お風呂上がりにカソーダをシミ部分にたっぷり塗り、絆創膏でカバー。
夜1回のみ使用。

【経過】

本日、足の傷跡のシミは3日目、おへそ横のホクロは2日目です。

まずは足の傷跡(シミ)から。
足3日目

明らかに3日目のシミ部分の見た目に変化が。
なんだかシワシワしました。
Beforeでは平らな単なるシミだったのに、皮膚がデコボコと。
これが噂のシミがかさぶたになる現象の前触れか??

最近は絆創膏をずっとつけているせいもあるけど、なんだか痒いです。
でもなるべくかかないように我慢。
絆創膏を貼る角度を毎日変えているので、シミの周りにぐるっと一周絆創膏の跡がつきつつあります。

粘着力の弱い絆創膏のほうがいいかも。

そして大きめのホクロ。
へそ2日目 (2)

明らかに膨れて倍以上の大きさ(高さ)になり、ホクロではなくイボ化。

そして1日目ではなんとなく色が濃くなったような・・・と思っていたけど、2日目では今度は色が抜け始めた。

まさにイボ化。

こんなにイボのように膨れると、カソーダ塗ってなくても絆創膏しておかないと、着替える時にひっかけて血が出そうな感じ。

なんかちょっと不安になってカソーダを塗るのをやめようかとも思ったけど、このままの大きさで止まってしまったら却って迷惑なので、とにかくしばらくは継続して塗り続けます。

みんなの口コミを見ていると、カラダのホクロやイボは、2~3日で色素が薄くなり、1週間くらいでかさぶたになってポロッと取れた、とか書いてあったりもして、今ちょうど色が薄くなっているのであと1週間後には本当にポロッととれるのか不安だけど、楽しみでもある。

こんなにほくろが大きくイボ化するなら、顔にある大きめのホクロにやったらすごい目立つんじゃないだろうか。

とにかく、まだまだ始めたばかりなので無事に取れることを祈りつつ、継続します。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment