美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

培養ヒフ治療 3年後のホウレイ線比較

2015
31
早いもので、あれからもう3年・・・

ホウレイ線に培養ヒフ治療を初めて行ったのが、2012年の1月末。

ただ今2015年3月末。

というわけで、ほうれい線への培養ヒフ治療ヒフ治療の効果はいったいどうなったのか?という検証をしてみました。

3年後比較

まだ全然大丈夫。

実感としてもホウレイ線が少し目立つようになったかな?ということもなく、至って順調に効果を継続できている模様。

培養ヒフ治療ヒフ治療は効果がどれくらい持続するかは、自分の細胞の働き次第なわけです。

私の場合、ほうれい線への治療が初めてなので、ほうれい線に注入した細胞は同時期の細胞。

つまり、3年前の細胞を3年前の自分のホウレイ線へ注入したので、ホウレイ線を治療した際はただ細胞の数が増えただけ。
それでも3年経過でまだまだホウレイ線は目立ってこない。

注入した細胞の寿命はその後の自分次第。
つまり細胞に良い生活を心がければ細胞は長生きして活発に活動するので、効果も持続するし、細胞に悪い生活を送ると細胞が早死にして、せっかく増やした細胞が減ってしまい、再びシワが形成されたりもする。

でもそれは、培養した細胞だけに限ることではなく、最初から存在している細胞だって同じなわけで、とにかく紫外線とか活性酸素とか細胞にダメージを与えるようなことを極力避けて栄養バランスの良い食生活を心掛ければ細胞は長生きでき、老化防止につながるんだよね。

なのでとりあえずは紫外線へのケアとストレスフリーな生活を心がけるようにはしてるけどね。

簡単にできそうで、できなかったりするよね。

培養ヒフ治療ヒフ治療でホウレイ線が目立たなくなって、小鼻の毛穴の開きも目立たなくなったことは治療後半年くらい経った頃から既に実証済みだけど、効果がでてからは今後はその効果がどの程度持つのか、というところに興味が移ってます。

今後も節目節目で比較してみたいと思います。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment