美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

本家カソーダ 16日経過→謎の出血

2015
17
昨日、キムタク主演のドラマ「アイムホーム」を見てしまった。←無念(ーー;)

キムタクが出るドラマは常に話題になるので見ないようにしているのにも関わらず、テレビ朝日をつけっぱなしにしていたので知らないうちに始まってしまい、知らないうちに見入ってしまった。

やっぱアレだわ。

キムタクはやっぱりキムタクだわ。

ドラマが始まる前には番宣のためやたらとバラエティ番組に出まくっていましたが、それもスルー。

「キムタクキムタク」ってキムタクの旬はもう終わっとるんよ、とか思っていたけど、まだまだ旬っぽかったぞ。

ミーハーな自分がイヤなのでキムタクの出るドラマはほぼ見ないけど、見ると引き込まれる。

また来週も「アイムホーム」見ま~す。

そんなわけで本日はカソーダを塗ったホクロに異変が起こりましたので、その異変について書きたいと思います。

最後にカソーダの写真をアップしたのが4月7日。

最初はちょっと隆起した黒い大きめのホクロだったのが、カソーダを塗ったことで黒い色素が抜け、みるみる膨らんで3倍くらいの大きさのイボと化しました。

そしてその後大きさはちょっとだけ小さくなり、表面がかさぶたのような硬い皮で覆われるようになって薄皮が何回が剥けたけど、イボ化したホクロが取れそうになるまでの変化はなし。

つまり、写真でアップした4月7日の状態とほとんど変わらないまま約10日が経過したわけです。

変化がないのでブログでも特に記事にせず、ただ絆創膏でかぶれた周囲の皮膚だけが赤くなってホントにこのままで大丈夫かとちょっと不安になっていたりした。

そして昨晩のこと。

いつものように寝る前に絆創膏を取り、カソーダを塗り直して再び絆創膏を・・・という段階で、なんだかイボ化したホクロの色が以前にもまして赤紫色になっているというか、中に血液が溜っているような感じに見えるというか、とにかくちょっとした変化を感じました。

もしかしたらこれからやっと本格的なかさぶたへと変化していく過程での色の変化かな~とか思ってみたり。

手作りではなく本家のカソーダを付けるようになってから、塗った直後はなんとなくチリチリと痛みを感じることが多いのだけど、昨日はそのチリチリ痛みがちょっとだけ激しかった。
正確に言うと”イタガユイ”みたいな意識しなければ気にならないようなほんの少しの痛みです。

で、今朝。

着替える時にチェック→異常なし。

で、先ほど。

トイレにいったついでにチェックしたところ、「ひぃぃぃぃ」

絆創膏に血が!!

ちょっとだけ血が出ているとかそんなのではなく、ガーゼ部分が全部血で染まっている。

どこかにぶつけたとか、ひっかけたとか、そんな記憶はなく、至って普通のいつもの生活。

なのに出血とは。

現在のところ、出血はまだおさまっていなくて、絆創膏を変えるとすぐ血がにじんできます。
大量の出血ではないのでいいんだけど、白いシャツとかT-shirtだと場合によっては血がにじんでくるかも?というくらいの出血量です。

見た目的にはイボ化したほくろの左側の3分の2に亀裂が入って小さいイボと大きいイボに別れたっぽく、そこから出血しているのではないかと思われます。

それでこれからかさぶたになって取れるならいいけど、このままで終わってしまったらイボが二つになってしまう。

もうメンドクサイし思った以上に時間がかかるので止めたい思いが70%。

でも止められないとまらない。

これからカソーダをホクロに使ってみようと考えている人はお勧めしません。

病院いった方が早いし楽。

私はこのまま二つのイボを腹に残すわけにはいかないので辛抱強く頑張ります。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment