美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

免疫力アップ大作戦 その② ヤクルトのシロタ株

2015
22
今日のタイトル。

「免疫力アップ大作戦 その② ヤクルトのシロタ株」

ですが、「免疫力アップ大作戦 その①」が特にあるわけではなく。。。

まさか”その②”ができる程”免疫力”についての記事を書くことは想像していなかったけど、まさかのシリーズ化。

その①を作るとしたら、今までの”生甘酒”の記事がその①になります。

なぜ免疫力アップに力を入れるようになったかと言うと、とにかく花粉症を何とかしたいのです。

私の花粉による症状はとにかく目がかゆい!
くしゃみ鼻水も出るけど、治したい症状の最優先は目の痒み。

目の痒みは美容にとっても悪影響なんです。

目がかゆいので目を掻く

・目が充血する
・まつ毛が抜ける
・目元の皮膚への強い刺激で皮膚へ悪影響。最悪の場合シワ・弛みを作り出してしまう

というように、花粉症によってまさかの目元不美人への道まっしぐら。

これが毎年約1ヶ月間に続くわけなので、当然目元の老けこみが早くなるのではないかと思うわけです。

せっかく昨年目元への培養ヒフ治療を行って、シワや弛みを改善したばかりなのに、花粉症のせいで再び目元が老けこんでいくのは耐えられないわけです。

そこでとにかく、何とかして花粉症を改善させたい。
できれば完治させたいけど、現代医学では一度花粉症になったら完治は難しいらしい。
完治しなくても症状が軽くなれば別にいいんです。

と、いうわけで”生甘酒”に続いて免疫力アップのために新たに取り入れたのが”ヤクルト”。

たまたま、近所にヤクルトレディの事務所があるということもあるけど、ヤクルトに入っている乳酸菌は「シロタ株」といって、胃液や胆汁などの消化液にも負けず生きて腸に到達し、悪い菌を退治する乳酸菌らしい。

そしてネットなどの口コミでは花粉症が軽減したというのが多くみられるのもポイント。

ヤクルトと同じく明治 ヨーグルト R−1 も花粉症もそうだけど、インフルエンザを予防する効果があるとのことで話題になりました。

実はヤクルトもインフルエンザ予防に効果があるとの実験結果が出たらしいのです。

実験したのは順天堂大学大学院医学研究科のグループ。

高齢者の医療施設で2つのグループに分け、一方のグループには乳酸菌「L.カゼイ・シロタ株」が入っているヤクルトを継続的に飲んでもらっていたところ、2か月後、その施設内でノロウイルスが発生。(わざとじゃないんだよね)
結果として、ヤクルトを飲んでいたグループは、37℃以上発熱期間が、飲んでいない人に比べて半分、38℃まで発熱した人も少なかったのだとか。

考えられる原因は、L.カゼイ・シロタ株によって善玉菌が増えて悪玉菌が減り、腸内環境が改善したこと。
またこの研究グループでは、新型インフルエンザへの感染を予防し、感染しても症状が軽減されることが確認されている。

と、こまかいことをグダグダと抜粋してみましたが、とりあえず、これらの効果は免疫力がアップしたことによるもので、免疫力さえ備わっていれば病気にもならないし、アンチエイジングにも繋がる、ということらしいのです。

とりあえず、私はヤクルトレディからヤクルト400を配達してもらうことにしました。

ただ今飲み始めて1週間が経過。

特に体調面での変化なし。

ファンケルの冷凍青汁を毎朝飲んでいるし、生甘酒も毎日ではないけど週に3日くらいは飲むのでお通じも今のところ問題なく、ヤクルト飲み始めたことでの変化は感じにくい。

でもきっと、来年の3月には何かが起こっているはず。

そんなことを期待して毎日70円(ヤクルト1本)消費。

コーヒー飲むより安いデス。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment