美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

二重あごを解消する薬がFDAで承認

2015
07
GWはゆっくり過ごせましたか?

数年前なら、GWとか年末年始の長い休みにはセルフダーマローラーのチャーンスってなわけで張り切ってセルフ美容に専念していたけど、最近はダーマローラーもすっかりご無沙汰に。

培養ヒフ治療でせっかく増やした細胞に、特に何か改善させたいことがないのに無理やり働かせるものどうかというのが第一の理由。

他人から見たらどうだかしらないけど、自分としては今のところホウレイ線とか頬のこけ、顔全体のたるみなどに危機感を感じていないので必死になってセルフでダーマローラーやる必要もないかな、と。

なのでGWが特別な美容週間にはなりませんでした。

GWに突入する直前に、ヤホーニュースにこんな記事が。

二重あご解消の新薬、米FDAが承認

タイトルだけ見た時、薬を飲んで二重あごが解消されるっていったいどんな薬だよっと思ったけど、記事を読んで納得。

CNN) 米食品医薬品局(FDA)は1日までに、あごの下に付いた脂肪を除去して二重あごを解消できる新薬「カイベラ」を承認したと発表した。米国で6月に発売が予定されている。

同薬は米製薬会社のカイセラ・バイオファーマスーティカルズが開発したもので、脂肪の吸収を助けるために体内で生成されるデオキシコール酸を成分とする。あごの下に注射すると、「顎下脂肪」と呼ばれる脂肪の細胞膜が破壊され、脂肪が破裂して消滅する。



つまりは脂肪溶解注射の二重あご専用バージョン。

CNNによると、カイセラ社は約2600人を対象に実施した19回の臨床試験結果をFDAに提出し、中程度から重度の脂肪を除去する効果が実証されたとしていて、FDAが認可したのもあごの下の脂肪のみだそう。
他の部位の脂肪に関しては効果も安全性も確認されていないと強調しているんだって。

アゴの下の脂肪とほっぺたの脂肪って脂肪の組織が違うんだろうか。

「顎下脂肪」というちゃんとした名称があるっぽいので、カラダのそれぞれの部位についている脂肪にもそれぞれ名前があるんだろうか。

だとしたら、お尻の脂肪を吸引して胸とか頬のこけとかに入れるっていう美容整形とかもあるけど、それは別に大丈夫なんだろうか。部位ごとに適合する脂肪が違ったりするのかな?

よくわからないけど、とにかく、今回FDAに承認された「カイセラ」という薬は二重あごにのみ効果があるそうなので、カラダは細いのに顎だけ二重あごになっていて悩んでいるって方には朗報ですね。

とはいっても、日本で施術を受けられるようになるのはしばらく先かな?

日本での治療は美容外科で行われることになるんだろうね。

今のところ顎の下の脂肪を気にしたことはないので、足の脂肪だけ溶かす脂肪溶解注射みたいなのが早く開発されないかなー。

脂肪吸引以外の手軽で確実に足を細くする医療とかがあればいいのに。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/07 (Thu) 17:31 | EDIT | REPLY |   

Add your comment