美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

ところでカソーダのその後は?

2015
12
最近話題にしなくなっていたカソーダでのほくろと炎症後色素沈着(シミ)のその後ですが、以前よりもカソーダを使う回数を減らして細々と継続中です。

というか、足にあるシミに関しては今はカソーダやってません。

2ヶ所もメンドクサイというのもあるし、そんなことよりもホクロが巨大なイボ化したほうがなんとかせねばならない状況になってしまったので1ヶ所に集中させている状態。

気が向いたらまた再開するかも。

そして、ほくろが巨大化し、色素が抜けてイボとなってしまった方に関しても、現在は様子を見ながら休み休みカソーダをつけている、という状況です。

とにかく、絆創膏で周囲の皮膚がかぶれて赤くなったり、カソーダがイボ化したホクロ以外の場所にもついてしまって皮が剥けてきたりと、とにかく肌荒れが半端ない。

顔のイボやホクロにカソーダを使っている人ってどうしたんだろ?とつくづく思う。

イボ化したホクロには基本はお風呂上がりにカソーダをつけて絆創膏で保護するのみで、絆創膏はまたお風呂に入るまではつけっぱなし。

そして絆創膏を取るとふやけたイボ化したホクロの表皮の薄皮が剥ける・・・を毎日繰り返している状態。

最近は周囲の皮膚のかぶれが激しいので、何もつけずにそのまま放置して、2~3日経ったらカソーダをつけてまた絆創膏をはる・・・みたいなことを繰り返しています。

カソーダを塗らないとイボ化したほくろは乾燥して大きさも一回り小さくなります。

表面の皮膚も乾燥してかさぶたっぽくなり、剥きたい衝動に駆られる感じ。

傷をつけない程度に固くなった皮を剥いてみたりしても、ポロッと取れるとか、小さくなったみたいなことはありません。

正直言って、このままカソーダを続けるべきかちょっと考え中です。

普通に病院に行ってとっとと取ってしまった方がよっぽど早くてきれいに仕上がるのではないかと思う。

ただ、口コミなどではイボもホクロも取れたと言う人もいるわけだし、実際にほくろがイボと化すという変化も起きているので、もう少し気長にカソーダを続けるか、もう止めて病院に行くか、今悩んでいる所です。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

1 Comments

NINA  

もしかしたら…

初めまして!
私も最近黒子とシミにカソーダを使い始めた者です。
もしかしたら…絆創膏つけっぱなしがあまり良くないのでは?
私も膨らんできた(瘡蓋が分厚くなってきた?)気がしたので、しばらく乾燥させていたら、周りから徐々に剥がれてきてポロっと取れた物がありました。
あくまでも個人差がある様なので参考までに…。

2015/05/15 (Fri) 02:55 | EDIT | REPLY |   

Add your comment