美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

カソーダ使用後に乾燥させてみよう

2015
15
なんか最近、誤字脱字、変換間違いが多いよね。
あまり自分で書いたブログ読み返さないけど、たま~に読み返すと変換間違いや助詞の使い方が変なのが多かったりして我ながらうんざりします。

そもそも、最近は集中力が無くなってきていてブログ書いている途中でアイスを食べてちょっと休憩したり、
時にはふらっと外出してみたり、またある時にはネットでゲームをやってみたりと、とにかく1日1回のブログ更新、たったこれだけのことに全く集中できていません。
よって話の流れがなんだか変になったり、誤字脱字、変換間違いなどはいつものことに。

読みづらいと思います。スミマセン。

これからは気をつけます。

では早速。

カソーダについて、現在実践中の方よりコメントを頂きましたので、今後の参考のためにもご紹介します。

私も最近黒子とシミにカソーダを使い始めた者です。
もしかしたら…絆創膏つけっぱなしがあまり良くないのでは?
私も膨らんできた(瘡蓋が分厚くなってきた?)気がしたので、しばらく乾燥させていたら、周りから徐々に剥がれてきてポロっと取れた物がありました。
あくまでも個人差がある様なので参考までに…。



コメントありがとうございますとぶパンダ

確かに、絆創膏をずっと貼っていると、ホクロやイボはふやけて膨張気味で、かさぶたができているのかできていないのかわからない状態。

絆創膏を取ってしばらく放置するとふやけた部分が乾燥してきて皮膚がポロポロとめくれてくる・・・と言う現象はあります。

ただ、どのタイミングで絆創膏を取っていいのかがよくわからない。

絆創膏を付ける目的は、カソーダが周囲の皮膚につかないため、なんですよね。

それはつまり、周囲の皮膚にカソーダがつかなければ絆創膏しなくていいってことでしょ?

カソーダをつけてからどれくらい時間が経ったら周囲の皮膚につかなくなるんだろ?
カソーダはひまし油と重曹なので、自然に乾燥していくってことはあまりなさそうなんだよね。
本来なら朝晩カソーダをつけなければならないわけで、その場合いつ絆創膏を付けずにいられる時間をつくったらいいのか・・・

私の場合、夜のみカソーダを付けているので、夜カソーダを付けて絆創膏をつけ、朝剥がす、というやり方もできるけど、なんせカソーダのせいでほくろがイボ化したために、昼間の活動時間帯は衣服にひっかかって流血したりしないかが心配でカソーダをつけなくても絆創膏が必須になってしまっています。

そのくせ貧乏性なので、せっかく絆創膏を付けるならカソーダつけなきゃもったいないという発想になり、結局はダラダラとカソーダを使い続ける・・・みたいな。

しばらく乾燥させるというのは私も同意見なので、様子を見ながら1週間連続でカソーダをつけて、1週間乾燥させる、みたいな方法でイボが出血しないように再びチャレンジしてみようかな。

まだ1ヶ月程度の使用なので、もう1ヶ月使い続けて、それでだめなら病院かな~?
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment