美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

細胞が若返る?サプリメント販売会社に業務停止命

2015
21
本日のヤホーニュースによると、「細胞を若返らせます」「がんも治してしまう」などと実際にはない効能をうたって電話勧誘を行っていたサプリメント「ライフェクト」の販売会社に3ヵ月の業務停止命令がでたそうな。

実際にはない効能をうたって、サプリメントを120粒入りで一箱6万3000円で販売していたらしい。

ものすごい高額なサプリだけど、買う人がいるんだね。

”細胞を若返らせる”とうたっているからには、例えウソでもどんな成分が入っていたのかが気になる。

既にHPなどは削除されてしまっているけど、キャッシュでHPを調べられる範囲で調べてみたところ、

ライフェクトには、数多くの研究者達による30年あまりにおよぶ研究の結果発見された、「パン酵母由来」の「β-1.3Dグルカン」をはじめ、赤ちゃんの成長の素とも言われる「ラクトフェリン」、ビタミン・ミネラルをバランス良く含む「ローヤルゼリー」、人にとって重要な成分である「セラミド」「ヒアルロン酸」といった、注目の成分がふんだんに使用されています。



とある。

たったこれだけの説明で一箱6万円もするサプリメントを買う人がいたことのほうがびっくりなんだけど。
まあ、販売方法にも問題があったっぽいけど。

パン酵母由来のβー1.3Dグルカン自体は様々な研究がなされていて、免疫細胞の中でもパトロール的な役割をするマクロファージに直接働きかけてウイルスや細菌などの病原体に対抗する白血球を増やしたり、外敵を殺すための免疫応答物質(サイトカイン)を産生し、免疫力を高めたりするらしい。

また、マウスによる実験ではガン細胞のアポトーシス(細胞が自殺すること)を促進することも確認されている、と書かれているサイトもあるくらいなので、「がんも治してしまう」と言われれば「そうなんだ!」と思って信じてしまうのも無理は無いかも。

確かに”β-1.3Dグルカン”の研究は専門家によってなされているようだけど、では実際にサプリメントにした時に体内で研究結果と同じような効果が出るか、というのは別物。

今回の「ライフェクト」の場合も、成分自体には免疫細胞を活性化するような効果が認められていたとしても、このサプリメントを飲むことで得られる効果でなければひっかかってしまう。

そもそも、細胞を若返らせることのできるサプリメントなんてない。と、思う。

細胞が年を取るから人間も年を取るわけで、細胞が若返るならそれはつまり不老不死の薬的なものになってしまう。

加齢とともに個々の細胞の働きは衰えるので、細胞に栄養ドリンク的な物を与えて活性化させる方法は確かにある。

例えば、ダーマローラーとかPRP血小板療法などがまさしくそのタイプで、年を取って疲れやすくなって働かなくなった細胞に栄養ドリンクを与えて、ある意味強制的に働かせている感じ。

それでも細胞の寿命自体が伸びるわけではないし、いつまでもその効果が持続するわけでもなく。

むしろ、細々と長く生きていこうとしていた細胞に栄養ドリンクを与えて働かせるわけなので、それによって寿命が短くなってしまうことも考えられる。

一度年を取ってしまった細胞を、文字通り”若返らせる”ことはできないので、今後もこのような悪徳商法にだまされないようにしないと。

たった3日で見違えるほど若返った!

とか

ホウレイ線が3日で消えた!

とか、そんなわけないからね。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment