美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

カソーダ休止中

2015
11
最近話題に上らなくなったホクロをカソーダ(ヒマシ油&重曹)で取ってみる試みですが、ただ今休止中です。

もうすぐ1ヶ月になるかな。

止めたわけではなく休止。

カソーダをつけた時、絆創膏で保護するのだけど、その絆創膏の跡で皮膚が色素沈着してしまった。

よってカソーダを着けるのをやめて、色素沈着が治るのを待っている。
大した色素沈着ではないので、気にならない程度だけど、でもなんかうっすらと黒ずんでしまった。

もうちょっと様子を見て、トレチノインハイドロキノンでとっとと治すかも。

今後もカソーダを続ければ再び絆創膏が必要になって色素沈着の可能性がでてくるわけだし、継続するかはちょっと微妙。

ちなみに色素が抜けて倍以上に膨れあがり、イボ化したホクロは色素も戻ってほくろらしく黒くなり、大きさもカソーダを使い始める前の段階まで戻ったような、もしかしたらちょっと小さくなったような、そんな感じです。

今の状態で病院で取ってもらうのが一番だと思うけど、別に取らなくてもいいとも思ったり。

カソーダを試してみたかったっていうのもあったし。

再びカソーダを使い始めるとしたら、皮膚がかぶれない絆創膏を探さないと。

肌にやさしいテープとか絆創膏も販売されてるけど↓


単なるテープだけではカソーダを着けた部分を覆うコットンみたいなものを自分で作らないとならないし、メンドクサイ。

絆創膏タイプで肌に優しいと謳われているものもあるけど、子供用でキャラクターのプリント付きとかだったりするし・・・

別に見えないからいいけど、なんとなく・・・

カソーダを毎日つけて絆創膏を貼って時にはかぶれて、色素沈着も・・・というリスクも負って数ヶ月後にホクロやイボ、シミが消えることを祈りながら続けるか、病院で取ってもらうか・・・

費用対効果で比べたら、どっちがいいんだろ?

ホクロやイボは保険適応でできるのかな?

シミの場合は完全な自由診療になるから、高くつくかもしれないけど。


もうちょっと様子見。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment