美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

頬のこけが改善された後の悩み

2015
16
培養ヒフ治療後についてのこんなご質問をいただきました

私も細胞注入しました。去年と今年の2月に。
すると、昔の悩みが復活とゆーか、顔の肉付きがよくなったので顔痩せしたい!と今度はなってしまいました。以前、顔が丸くなってしまう、と言うような事書かれてましたよね?この対策として、何かされましたか?ラジオ波などをやろうか考えて悩んでいます。



確かに、頬のこけに培養ヒフ治療を行った時、頬がふっくらとして顔が丸くなってしまうのが心配という内容の記事を書きました。

実際に心配だったし。

元々、丸顔がコンプレックスでほっそり顔が憧れ。

で、痩せるとほっぺの肉が落ちるでしょ?

それがうれしかったのだけど、その頬の痩せ具合が妙に老けて見えだしたのが頬のこけの治療を決心したきっかけとなったわけです。

”頬がほっそりしている”のと”頬がこけている”のとは違うということに気がついた。

気がついたきっかけは、ほうれい線への培養ヒフ治療の経過写真を撮っている時。
ホウレイ線の改善具合を様々な角度で撮っていると、ホウレイ線は改善されているのになんだか老けて見える角度の写真がちらほらと撮れることがあった。
例えばこの写真。
201208-001_20150616121925245.jpg
ホウレイ線への治療後5ヶ月頃の写真。
ホウレイ線は目立たなくなったのに、なんだか老けて見えるんです。
そして頬のこけが改善された後は頬に影が無くなってツルンとした感じに。
IMG_1740.jpg

この変化を顔が丸くなったととるか、頬に張りが出たととるか、で感じ方が違ってくるのかな?と思います。

この二つの写真を撮った時の体重はほぼ同じです。

どちらの方が老けて見えるか、というと、上の写真の方が老けて見えると思いません?

しかも、下の写真は上の写真を撮った時の1年後なので、年齢的には1年歳を取っているわけです。

この変化、実は肉眼では気付かないことが多い。

実際に私も全く気付かずにいました。

でもホウレイ線の写真を撮って見てみたら、頬の凹みに影ができ、なんだかやつれたようなそんな印象の顔が。

そこで、「顔が丸いのと頬にハリがあるのとは違う」ということに気付いたわけです。

頬がこけている子供がいないのは、まだ細胞が若くて機能が衰えておらず、コラーゲンもエラスチンも生成能力が高いので肌のキメが細かくて弾力があるからだとしたら、毛穴が縦に広がって肌のキメが粗くなり、お肌に弾力が無くなって頬がこけ目が落ちくぼむのは細胞の老化現象によるわけで、頬がシュッと細いのとこけて凹んでいるのとは違う。

理想は頬はふっくらと張りがあり、手脚は細く出るとこ出て引っ込むところ引っ込むメリハリボディ。

頬がこけているとカラダが細いと貧相に見えてしまうような気がして。

なので私は<a href="http://www.rederm.com/" target="_blank">培養ヒフ治療で顔の肉付きがよくなったとは思わず、肌に張りが出たと解釈して(実際にそうなんだけど)むしろ喜んでいます。

顔が丸く、肉づきがよくなったように見えるほどお肌に弾力が出たなんてうらやましいです。

私の理想はもうちょっと顔にパーンと張りが出て欲しい。

ご質問の回答としては物足りないと思いますが、私の場合、今となっては頬がふっくらしたことを喜んでいます。





関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment