美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

こめかみの老化

2015
23
間もなく培養ヒフ治療の第4弾!「水光注射で全顔とおでここめかみ対策」です。

2012年のホウレイ線治療に始まり、2013年は頬のこけとフェイスライン、2014年は目元(まぶたの窪みとたるみ)、そして2015年はこれまでの部位のメンテナンス・・・というか、まだ効果は持続しているけど、より持続させるために全顔への細胞注入します。

そして、今まで手をつけていなかったおでこのしわとこめかみが今回のメイン。

ところで、こめかみってなんだろう?ってことなんです。

私も今までノーマークでした。

別におでこのようにシワができるわけでも、頬のように弛みが出てくるわけでもない部位だし。

でもこれが案外老け顔の穴場的な存在で。

こめかみの老化の原因は、

①肌の弾力がなくなり、皮膚が薄くなる

②筋肉の減少

が主な理由。

どこの部位でも老化の原因は同じで、年齢や紫外線などの影響で肌の細胞の数が現象するとコラーゲンなど、肌の弾力のもととなる成分の生成能力が低下して皮膚の弾力がなくなると、肌が薄くなる。

さらに、老化による筋肉の減少もプラスされて骨の形が出やすくなるわけです。

私の場合、丸印の部分がまっ平らになっているわけです。
こめかみ

すると、その下の骨の出っ張りが目立って、顔の輪郭がデコボコする。

この写真↓も、横からこめかみに当たっている光が垂直?にまっすぐな絶壁に突き当たっているような感じになっている。
IMG_2406-002_20150709181805b75.jpg

このこめかみ部分の皮膚がもっと厚けれが光の当たり方が違ってくるはずなのです。

そして血管も浮き出る。
IMG_2414-002.jpg

こめかみだって老けるんです。

今回はこめかみに細胞を注入して肌の弾力を取り戻し、輪郭を整えよう!というのが大きなテーマ。

こめかみなんてホウレイ線や目尻の皺に比べたら後回しになりがちなのは自分がそうなのでわかるけど、案外見た目の印象が変わるんじゃないかとも期待★



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment