FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

肝班の薬 1日目

2009
19
今日起きたら、昨日もらった肝班の薬(レチン・ヒドロキノン)を塗ったところが赤くなっていました。

なので今日はチークは付けず、自然なチーク効果で出勤

痛みなどはありません。

熱を持っているという感じでもありません。

先生が言っていました。

「レチンは、肌の余分な角質を剥がして、肌の中に住み込んでいる色素を取り去ってくれます。
ヒドロキノンは肌を漂泊しますから、これで肝班がきれいになりますよ」

と。

でも絶対に守らなければイケないこと。

それは、日焼け厳禁です。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

「日焼け止めは絶対に塗るように!」

と口をすっぱく言われました

いつもちゃんと塗っているので、これは問題ないのです。

そして、もう一つ。

「レチンは塗りすぎるとヒリヒリしますので、塗りすぎてはダメです」と。

もしヒリヒリしたら、ヒルドイドローションを化粧水代わりに塗ればよいそうです。

ところで、このレチンって、よくシワ取りクリームなどの成分で有名な、レチノイン酸配合のクリームなんです。


レチノイン酸ってビタミンAの一種で、アメリカではシワ・シミ・ニキビ・ニキビ跡などの治療薬として非常にポピュラーなのです

角質層を積極的にはがし、皮膚の基底層に働きかけてコラーゲンの増殖をはかり、キメ細かくふっくらとした肌質へと再生します

また、皮脂腺の分泌量も抑えられる為、ニキビ治療にも効果があり、使い始めの1?2ヶ月間、皮がむけたような状態が続きますが、むけ終わった後は非常にキメ細かくなめらかな肌質へ生まれ変わるのだとか

さらに、レチノイン酸とハイドロキノンの併用でシミの改善率は80%以上と、一般の化粧品とは比べものにならないくらいの効果を発揮するらしい。

では、どうしてレチンクリームを塗ると角質層が積極的にはがれるのか、と言いますと、

表皮は、一番下にある「基底細胞」が分裂して増えて、下からどんどん押しあげていって、最後は表皮細胞の角質になってアカとなってはがれ落ちるのがひとつのサイクル。

三週間から四週間で起こります。

ところが、レチノイン酸を皮膚に塗ると、その分裂がふつうに分裂するよりも早くなるのです。

下から次々に新しい細胞ができるので表皮がどんどん新しい細胞に置き変わる。

それだけでもある程度表皮の色は薄くなりますが、さらにメラニンをつくらせない「ハイドロキノン」を
作用させると二週間から三週間で非常にメラニンの少ない透明感のある表皮に置き換わり、結果として美肌になれるのです

だそうです。

良い薬を手に入れました

関連記事

0 Comments

Add your comment