FC2ブログ

美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中。2018年11月 卵巣癌と子宮体癌のダブルキャンサー患者になりました。しかし、自分が癌であるという自覚が足りず、相変わらず美容とアンチエイジングに勤しむ毎日です。

ヒドロキノン(ハイドロキノン)は票白剤

2009
20
今日は、私に肝班のお薬の情報をくれた受付嬢とランチへ。

彼女は半年前から皮膚科で肝班の上にできたシミに、私と全く同じ処方の薬で治療しています。

いろいろと聞いてきました。

顔以外にも、肩にあった大きなシミが、今ではだいぶ目立たなくなったのだそう。

ヒドロキノン(ハイドロキノン)クリームは、強力な漂泊作用があります。

レチンクリームと組み合わせなくても、十分効果は得られるそうなのですが

より高い効果を求めるなら、レチンでシミを根こそぎはがし、ヒドロキノンで漂泊、がベストだそうです。

皮膚科に行っても、自費になってしまうので、一般の化粧品で良いわ?と言う方は、ドクターシーラボからハイドロキノンクリームが出ています↓

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。


商品名は「HC-119」といいますが、なんと

皮膚科のハイドロキノンクリームよりも濃度が濃いものがあるのです。

私のクリームは5%

シーラボのハイドロキノンは3・5・7%と3種類。

お値段は、5%が1ヵ月分で¥3300(税抜き)

私が購入したクリームも1.5?2ヵ月くらいは持つそうなので、値段もそんなに変わらない。

通販では購入できないようですが、さらに高配合の7%もあるのです。

皮膚科に抵抗のある方は、このクリームを試してみるのも良いかもしれません。

とはいえ、私は皮膚科派。

冷蔵庫で保管しなければならなかったり、パッケージが全くかわいくなかったりするけれど、

効果がでれば文句なし、です


今日は2日目。

相変わらずチークいらずの頬の赤みですが、こころなしか、ピーンと肌が張っている感じがあります。

受付嬢曰く、そのうち皮がめくれてくるそう。





関連記事

0 Comments

Add your comment