美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

おすすめの4%のハイドロキノン

2015
25
週に数回ほど朝の電車で一緒になる女の子がいます。

おそらく学生さんか、20代前半か。

いつもピンクとかオフホワイト系のカラーでまとめていておかっぱヘアでラブリーなのが好きなんだな、と思わせるようなふりふり系の服を着ている。

今朝、目の前にギターケースのような形の鞄を持って、全身黒ずくめ、エナメルっぽい黒のハードなブーツを履いて、黒いニット帽をかぶり、黒いムートン風のコートを着た女の子が座った。

最初は男かと思ったけど、カラダが小さいし、女の子っぽい感じ。

よーーーく見てみるといつもピンク系のフリフリな服を着てピンクのチークを丸く入れている例のあの子じゃんか。

今日はお化粧もピンクのチークではなく、リップがブラックベリー色でした。

・・・・・どんな心境の変化なんでしょ。

急に何かのロックバンドのファンにでもなったのか。

あまりの180度の変化っぷりにただ唖然・・・

ある意味、そんだけ方向転換できる人ってすごいよね。


さて。

そんなわけで本日はご質問をいただいたのでそのお返事を。

私も道子様同様、普段は穏やかなスキンケアライン(敏感肌用を使っています)を使い、1~2ヵ月に一度、トレチノインとハイドロキノンを組み込んでおります。
タイツと長袖の季節になってからは、膝や肘にも塗っています。

ネオケアユークロマ(ハイドロキノン4%)を使用しているのですが、以前、道子様が購入されていたBIHAKUENのハイドロキノンという商品も気になっております。
ハイドロキノンは色々な所から出ていますし、手作りも出来るので似た様な感じなのかな?と思いますが、トレチノインはネオケアと同じ0.4%だと違いはあるのでしょうか?
また、道子様的にはBIHAKUENのトレチノインとハイドロキノンより、ユークローマやネオケアの方がオススメ的な感想はありますでしょうか?



トレチノインやハイドロキノンにも色々あって、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

私は個人輸入出来るトレチノインの全種類を使ってみたわけではないのですが、使い心地というよりは濃度で選びます。

ネオケアは個人輸入出来るトレチノインの中で唯一の0.4%と超強力。

それ以外のトレチノインは0.1%、0.05%、0.25%となるので、0.1%のトレチノインではもはや反応しなくなってしまった私の皮膚にはネオケアしかありません。

もし、ネオケアを顔に塗ったら真っ赤になったとか、反応が激しいと言う方はまだ使うのを止めた方がいいです。

0.1%の濃度のトレチノインで十分だと思うのですが、0.1%の濃度の場合、私のお勧めはトレチノインジェル0.1%です。

ジェルのほうがクリームよりも皮膚への浸透がよく、反応がいいような気がします。←個人的な感想。

ハイドロキノンに関しては今愛用しているのはBIHAKUENのハイドロキノン4%です。

こちらは、ユークロマではなんだかちょっと粘土のような臭いがすることもあるのに比べて無臭だし、見た目のパッケージが化粧品っぽいので持ち歩いてハンドクリームのようにヒジに塗ったりもできますし。

ユークロマよりもお値段はお高めなんだけど、保湿力がユークロマよりも優れているような気がする。

トレチノインを塗って、ハイドロキノンを塗ったとき、ハイドロキノンをユークロマにするとその後お肌の乾燥を感じてさらにその上にニベアをつける、という感じになるのだけど、BIHAKUENのハイドロキノンの場合はその後のお肌の乾燥を感じないのでニベアは不要。

濃度は同じ4%なので、見た目と臭いと保湿力でBIHAKUENが好きです。

濃度は同じなのでどっちを使っても効果は同じだと思うんですけどね。

こればかりはお好みでしょうかね。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment