美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

首の色と顔の色

2015
11
ただ今自分の顔にぴったりマッチした北原の練白粉での調合に奮闘中の美女道子です。

これが結構難しくてやりがいを感じる。

毎朝今日はこんな感じでどうだろ?

・・・・白すぎた。。。

とか、

今日こそこれで!

とやってみたら遠目で見たらちょっと色が・・・的な。

1番のホワイトオークルを単品使いで薄めにつけた時が結構しっくりくるんだけど、遠目で見るとちょっと違うような、もうちょっと明るいほうがしっくりくるような。
そんな気がするのは私の肌がオークル系よりはピンク系だから??

どっちなの??

ってな感じデス。

そこで2番のピンクを活用。

まず、明るくしたい顔の中心部分に2番のピンクのみを少量スパチュラに取り、おでこの中心から鼻筋、まぶた、目の周り、頬の中心、アゴ、と言った感じに立体感と華やかさを出すために顔の中心部分に水刷毛でサササーっと塗ります。

そんで、1番のホワイトオークルをこれまた少量スパチュラに取り、今度は顔の外側の輪郭部分を中心に塗っていきます。

2番と1番の色の境目部分もぼかすように最後に刷毛でささーっとやります。

さらにナチュラル仕上げになるように水刷毛に水クリームのみを数プッシュつけておでことか頬骨の高いところとかつやを出したい部分に水刷毛を滑らせます。

最後はガーゼでしっかりと押さえて水分を取り、、、、

出来上がりは如何に・・・・????


と、いう感じで毎朝ぶっつけ本番で調合するので仕上がりのドキドキ感がたまりません。

失敗してもやり直しません。

その日はそのままの顔色で過ごすわけです。

でも、この1番と2番の補正色のみで仕上げる方法が思った以上にいい感じに。

だがしかし。

顔だけ見るといい感じなんだけど、首やデコルテ部分の素肌と比べてみるとやっぱりまだ顔だけ色が赤いのか濃いのか。
IMG_3163.jpg
まだ色の差があるのです。

もうちょっと練白粉の量を全体的に増やしたらいいのかな?

それともまだまだ自分のお肌の火照りやくすみを美顔雪肌術に通って治す方が先なのか?

まだまだ練白粉の調合実験は続きます。
関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment