美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

北原美顔雪肌術は小顔になる

2015
30
年末年始のスキンケア祭り中の美女道子です。

今年も残すところあと2日

早速アンチエンジング対策その①とその②は実施済み。

昨日は顔のお冷やしをトータルで約2時間ほどやりました。
テレビを見る時には必ずクールバック片手に顔を冷やしながら・・・を実践中です。

北原院長先生は、1日3時間もお冷やしするそう。

クールバックでのお冷やしは、お金がかからずに氷だけ用意すればいいで頑張って継続さえすれば美肌になれるという優れたケアだと思うし、テレビを見ながら冷やすだけなんて簡単。
めんどくさがらずに続けてみる価値ありです。

そして、先日今年最後の北原美顔雪肌術を受けてきました。

これで4回目。

4回目にして気が付いたことが。

最初に行うバイブトリートメント。(通称:ぶるぶるマシーン←勝手に心の中でそう呼んでいる。)

これって、スタッフの方が手の甲にぶるぶる振動させるマシーンをつけて、そして私の顔をなでるように触ることで顔にぶるぶるの振動が伝わってきて今までにない感覚。

今まではぶるぶるする振動が想像以上に心地良く、何にも考えずにぼーっと美顔術を受けていたわけだけど、4回目にして初めて気が付いたことが。

それはつまり。

スタッフの方(私は院長先生にやってもらうので院長先生)の手の動きがポイントなのではないか、ということ。

私がいつも美顔術受けた後に「目が一回り大きくなる」と騒いでますが、今まではそれはバイブレーションの振動によって血行が促進されて顔のむくみが取れるからだろうと思っていた。

きっと、それもあるだろうけど、今回美顔術4回目にしてそれだけではないのでは?と気が付いた。

注目すべきは、手の動きです。

ブルブルの振動に気を取られ、そしてあまりの心地良さについウトウトとしてしまいがちだけど、顔を触る手の動きに注目していると、それはちゃんと筋肉をほぐすように、リンパマッサージのような、さらには小顔矯正をする時に頭蓋骨を動かすような、そんな動きに似ていることに気が付いた。

小顔矯正といっても、力ずくでぐりぐりぐいぐいやるタイプのとは違います。

でも時折こめかみをぐっと力を入れて押さえたり、頭頂部の頭蓋骨の部分もちょっと押さえられたりするわけです。
これがまた心地良い。

さらに、首も肩もブルブルマシーンの付いた手で触られることで多分リンパの流れとかもスムーズにして老廃物を排出。
当然顔のむくみはとれる。

さらにおでこのシワにも働きかけるようなおでこでの手の動き。

目が一回り大きくなるのもわかるような目の周りの手の動き。

さらに鼻が高くなるのかな?と思うような鼻の付け根の手の動き。

全てが計算されつくしたマッサージになっている。

と、思う。

聞いたわけではないからわからないけど、そんな気がする。

美顔術受け終わった後に目が一回り大きくなるのも納得。

目だけが大きくなったわけではなく、顔全体も小さくなってるに違いない。

確かに、顔全体がすっきりとして美顔術を受けた日は特に若々しく見えるし、なんせ目が大きい←しつこい。

継続して美顔術を受けることで小顔になるよ、絶対に。

4回目にしてそう思った。

北原のHPでは美顔術での小顔効果とか書いてないけど、そんなことは当たり前だと思ってるんじゃないかと思った。

創業110年とかだよ。

そんな時代に小顔なんて言葉は無かったし、小顔が良しとされる時代でもなかったでしょう。

美顔術の効果として筋肉に働きかけ、シワ・たるみを改善、血行を促進してむくみを改善、皮膚の代謝を良くしてくすみを取る、とかは当たり前のことなのではないかと。

とにかく、定期的に美顔術を受けていれば、美肌も小顔も手に入る。

やっと気が付いた。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment