美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

何年ぶり?セルフダーマローラー再び。

2015
31
年末年始のスキンケア祭りを着々と実行中の美女道子です。

2015年ももう今日で終わり。

二度と戻れない今を大切に、後悔しないようにとにかく今できるアンチエイジング対策をしっかりと行って、来年も若々しい見た目と気持ちでいられることを願うのみ。

そんなわけで、アンチエイジング対策その③のセルフダーマローラーを本日行いました。

最後にダーマローラーやったのは2011年?とかだったわ。

確かに、2012年に培養ヒフ治療をやるようになってからはアンチエイジング対策は培養ヒフ治療に任せっぱなしで自分では全く努力せず。

つまり4年ぶりのダーマローラーになります。

4年ぶりとはいえ、やり方とか準備する物とかは体が覚えていたようで、すんなり準備完了。

では、早速レポートです。


やるぞ!セルフダーマローラー


※準備するもの
IMG_3316.jpg
医療用ダーマローラー(Dermaroller)[MC915]
私の持っているダーマローラーは古いので旧タイプのMF8というものですが、今はMC915に変更になってます。
IMG_3317.jpg
針の長さは1.5mm、針の本数が162本と多いタイプでプロ仕様の物です。

効果としては毛穴の開き、肌のはり、小じわに対して一番優れているタイプです。

塗る麻酔(エムラクリーム)

これがないとせっかく針の長いダーマローラー使っても痛くて力を入れられないので必須です。

③シートマスク(冷却と保湿用)
なんでもいいと思うけど、今回はドクターシーラボ のアクアコラーゲンゲル ディープ モイスチャーマスクを用意しましまた。

その他にも、ダーマローラーを使う前に消毒するためのエタノールとか、ダーマローラー後の肌に穴が開いた状態の時に使用するための(ダーマローラー用)リポペプチドみたいなものがあるとより効果的です。


まずは塗る麻酔(エムラクリーム)を全顔に塗って、効果をより出すためにサランラップで覆います。
IMG_3319.jpg

このまま1時間放置。

もしかして麻酔によって気分が悪くなったりする人もいるらしいので、自分でやる時は慎重に。
ちなみに私も30分経過したところでなんとなく気分悪いかもしれないし、気のせいかもしれない的な感じになりました。

そこで、気のせいだと思いこむことにしてそのまま続行。

50分くらいして顔を触ってみたらぼわんぼわんと感覚が無く、歯医者に行った時、麻酔を打たれたみたいな感じになりました。

1時間経過したら、ラップを外し、麻酔クリームを洗い流します。

この時の洗顔も北原式で当然水道水。

お湯は使いません。

ところが、顔に感覚が無いので全然冷たくない!

おでこの髪の生え際だけ冷たさを感じました。
これならずーっとお水で洗顔し続けられる。。。。

麻酔クリ―ムを洗い流したところでいよいよダーマローラーの出番。

目尻のこじわ対策とか
IMG_3324.jpg
おでこのシワ対策とか
IMG_3325.jpg

コロコロを痛みを感じ無いのをいいことに、結構力を入れて顔全体にぐりぐりやりました。

ただ、鼻をやるのを忘れてしまった。

鼻の毛穴の開きにも効果的だったのに、鼻だけ無傷。

直後は毎度のことながら赤くなって、ポツポツと出血した部分に血の塊の赤い点々ができます。
IMG_3329.jpg

IMG_3330.jpg

この後、浸透させたい美容液などをつけるといいのだけど、私はここでこれまた毎度お馴染のトレチノイン0.4%を全顔に塗りまくり。

とにかく細胞を活性化させたいという一心です。

そしてその上からハイドロキノン4%も塗って、炎症後の色素沈着を押さえつつ、美白効果も狙う。

最後に用意しておいたシートマスクで蓋をして沈静タイム。
IMG_3336.jpg

久々にやったけど、麻酔が切れてくる時にはズキズキと顔全体が痛む。

これも美肌のためと我慢。

新年は赤ら顔で迎えることになりそう。

それでは皆様2015年も美女道場を読んでいただきましたありがとうございました。

来年も相も変わらずセルフでアンチエイジング道をコツコツと行っていくことと思いますがどうぞ宜しくお願い致します。



関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment