美女道場 なりたいカラダになる方法

肌再生医療で若返り大作戦、セルフダーマローラー、トレチノイン療法、まつ毛育毛などアンチエイジング対策満載のビューティーマニュアル公開中

おでこのシワの4ヶ月後

2016
06
ちょっと目を離していたすきに、RDクリニッククリスマス&New Yearキャンペーンやってるじゃないの。

時々びっくりするくらいお得なキャンペ―ンやってて、気が付いたら「定員になりましたので締めきりました」的な事が起こるので小まめにチェックしないと損します。

そして、案の定しばし目を離した隙にまたかなりお得なキャンペーンやってた。

今回のキャンペーンは、2016年1月31日までにカウンセリングを受けた人は細胞移植料金が1回無料になる、というもの。

つまり。

例えば、バンク20というプランの場合、

皮膚採取・細胞培養などの初期費用➜25万
治療費(細胞移植費用)➜1ccにつき10万
細胞保管料➜3ヵ月無料

このバンク20のプランは初期費用が安い代わりに細胞移植、つまり治療できる回数は20回?20cc?までということになります。

このバンク20をNew Yearキャンペーンを適用させて治療した場合、2度目の治療の際の治療費が無料になるのではないかと。

RDクリニッククリニックでは、最初から同じ部位に2度の治療、つまり2ccの細胞移植を推奨しています。
それはなぜかというと、治療時には注射器を利用し、針で皮膚に穴をあけて細胞を注入するわけなので皮膚には無数の針の穴が開くことになります。
すると、針であけられてしまった穴を傷だと判断した細胞達は傷を治すために活動を活発化させて、コラーゲンを生成したりして皮膚の修復をおこないます。
これってダーマローラーも同じで、針で無数の傷をつけられた皮膚のコラーゲン生成率は200%とか1000%とかになる可能性も。
この肌の自動修復再生機能が稼働している最中の1週間後に再び同じ部位に注射で細胞を移植すれば、1度で2ccを移植するよりもより細胞が定着しやすくなる、というのがRDクリニックが同じ部位に1ccづつ2回に分けて移植する理由です←多分だよ。あっているはず。

この2回目の1ccが、今回のNew Yearキャンペーンでタダになるのではないかと思うわけです。

つまり、バンク20では10万円分が無料ということかな?

だと思う。

1ccの治療費は10万円だからね。

これまたかなりなお得感。

詳しくはRDクリニックに問い合わせてみるのが一番ですね。

私は2016年の培養ヒフ治療プランはまだ白紙。

そんなわけで、私の全顔での水光注射での治療でのおでこのシワ具合のチェックです。

気がつけば、もうすぐ5ヶ月が経過しそうだけど、記録のために4ヶ月後までの変化を写真で比較。
おでこ4ヶ月後縦

あー、なんかちょっとわかりにくい。

わかりにくいけどBeforeと比べるとおでこに丸みというか、デコボコ感が減ったと言うか、とにかくシワは確かに目立たなくなってます。

まだ半年も経ってないんだよね。

そう思うとこれからも十分改善される可能性が高い。

おでこのような深いしわは、できてしまうと培養ヒフ治療ヒフ治療でも完璧に改善するのは治療を何度も繰り返さなければならないかもしれない。

そうなるとお金も時間もかかるし、できるだけ「おや?」と思った時に早めの処置で片づけてしまう方が気分も楽だし見た目もきれいだし、治療費も安く済む。

私の場合、けっこう深いシワなのでは、と思っているのであのシワがこれからどこまで改善されるのかはまだまだ未知数です。

関連記事

最後まで読んでいただいてありがとうございます。ブログを書く励みになるので
人気ブログランキング

アンチエイジングランキング
への応援クリックお願します。

0 Comments

Add your comment